• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

仙太郎 桜餅

sakuramochipicture春が来て、お菓子売り場も桜風味でいっぱいになっています。

 

 

 

ここ数年食べ続けているのが仙太郎さんの桜餅(道明寺)です。

 

 

 

味は甘すぎない餡子がちょうど良く、何を食べても安定のおいしいさで、プラスとても香りが良いのが特徴です。

 

 

 

桜の葉=クマリンの香りという思い込みが激しかったのですが、改めて香りを嗅いでみると意外にも華やかな香りがします。

 

 

 

クマリンは桜の葉の香りの構成要素の一つでしかなく、先入観を排して嗅ぐと梅の花に近い香りに感じました。

 

 

 

そう思って嗅いでいくと、ベンズアルデヒド(杏仁豆腐っぽい香り)やフェニルエチルアルコール(ローズabs.の主成分)が感じられます。

 

 

 

桜餅を食べながら思い出すのは、去年香りを嗅ぎ損ねた花に香りがある桜スルガダイニオイのことです。

 

 

 

春も始まりましたし、花の香りを求めて忙しくなりそうです。

«    »