• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

ブールアンジュ モンブラン

montblancpictureよく行くパン屋さん、ブールアンジュさん。

 

 

 

ゴントラン・シェリエから名前が変わりましたね。

 

 

 

オープンした頃から食べてますが、最近までずっと気になりつつ食べていなかったのが、この「モンブラン」です。

 

 

 

理由は、栗は好きだけど子供の頃に食べたモンブランがあまり好きでなかったからです。

 

 

 

それに「パンでモンブランって?」とも思いましたしね。

 

 

 

でも買ってみたんです。すごいおいしかった。

 

 

 

シュークリームのような生地の食感は湿度にかなり影響され、乾燥している今の時期はサクサクで食べられます。

 

 

 

上から食べると、中のマロンクリームに行きつくまで、やや遠いのですが、そこに到達すると洋酒の効いたマロンクリームが口いっぱいに広がります。(栗のかけらも入っています)

 

 

 

子供の時に食べた生クリームと黄色い紐みたいな味気のないコンビネーションのモンブランはなんだったんだろう?

 

 

 

 ブールアンジュさんのモンブランは実に色気のある味でした。(香水でたとえるとゲラン社のドゥーブル ヴァニーユっぽいかも)

«