• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

テセロン ロット60

tesseron60picture今回はコニャックのご紹介です。「テセロン ロット60」 (TESSERON LOT 60 The Great Smoker)

 

 

 

ロット60とは1960年以前の古酒のみをブレンドして作られたという意味らしく、X.Oのコニャックになります。

 

 

 

なぜこのような古いコニャックを飲んでいるのかといいますと、元資生堂チーフ・パフューマーの中村祥二さんが書かれた「調香師の手帖」(朝日新聞出版)という本に、ウイスキーもブランデーも三十年ものになるとアルコールの刺激が消え40パーセント以上のアルコール分が味覚では15パーセント程度にしか感じないというようなことが書いてあり興味を持って、いつかは飲んでみたいと思って数年が経ち、今ようやく口にしているのです。

 

 

 

飲んでみた印象は、確かにアルコールの刺激が若いブランデーと比べ少なく感じられました。

 

 

 

若いブランデーは口に含むと、むせそうになるほど舌がカーッと熱くなるような感じがしますが、こちらの舌触りはかなりマイルドです。(ただ、のどから食道にかけては熱く感じますが)

 

 

 

鼻に抜ける香りはかなりしっかりしています。葡萄や桃の軽いながらしっかりとした香気が感じられます。

 

 

 

ヘネシーのV.Sはバニリンのような甘さを印象的に感じましたが、テセロン ロット60にはバニリン感はあまりなく、樽の香りも重くなく軽やかでした。マイルドで綺麗な果実の香りが始終しています。酸味はありませんが新鮮なブドウを口にしたときの様な甘さが感じられます。

 

 

 

口当たり滑らかなので飲みすぎ注意です。

 

 

 

このテセロンに限りませんが、食後のコニャックは食事中に飲むワインなどと違い、お酒の味と香りだけに集中できるので、食後を特別な時間を過ごしている感じにさせてくれます。

 

 

 

飲み終わった後も残る香りの余韻は、普通のアルコールの酔いとは違い、なんとも心地よいものです。

 

 

 

その様な心地よさを味あわせてくれたテセロンですが、他にはロット29という番手があり、こちらは1929年以前の古酒と、さらに19世紀の古酒も含まれているのだそうです。

 

 

 

100年以上経った建築物は目にしても、口にするのはどのような感じなのでしょうか?エミール・ゾラやマルセル・プルーストが生きていた時代の作物を味わうことができるのなら、いつかは飲んでみたいものです。

«    »