• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

ジャン=ポール・エヴァン ショコラショ

jphpicture新年あけまして、寒さも一段と厳しくなり、体が温まりそうなものを飲みたいところで、今回はジャン=ポール・エヴァンさんのショコラショ(温かいチョコレートドリンク)です。

 

 

 

MOFを受賞しているパティシエさんですね。

 

 

 

表参道ヒルズにショップができた時は、ずいぶん人が並んでいて、入場制限もあったりで、まさか自分がこのお店の商品を購入する日が来るとは思ってもみませんでしたが、「ショコラティエのココアが飲みたい!」という気分で購入に至りました。

 

 

 

このお店の品物に関わらず、ショコラティエのチョコレートドリンクは、ミルクココアのように、お湯を入れればすぐ完成ではありません。

 

 

 

ミルクを小鍋で温めながら、粉末のチョコレートを入れて、シリコンベラで丁寧に溶かし込んでいきます。計量を含めたら作り始めから飲むまで30分位かかるかもしれません。

 

 

 

洗い物も出るし、面倒なんですけどね。

 

 

 

さて、結構な手間がかかって完成したショコラショは、とっても甘いのですが、その中に苦味や酸味もあって、お菓子的な甘さというより、自然で体に良さそうな甘さです。

 

 

 

香りも、バニラエッセンスのようなしつこい甘さではなく、ローストされたような複雑な印象を受けます。

 

 

 

決してさらさらと飲むようなものではなく、蒸留酒のようにゆっくりと味わいながら飲むものですね。

 

 

 

ぜひ、冬の低い角度から射し込む陽光を浴びながら飲んでいただきたい一杯です。

«    »