• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

シャトー・ギロー ソーテルヌ

chateau guiraudpicture2チャンドラー・バール著『匂いの帝王』(早川書房)を読んでいて、一番好奇心を持ったのがソーテルヌ(貴腐ワイン)についての記述でした。

 

 

 

『匂いの帝王』は、あの世界香水ガイドを書いたルカ・トゥリン博士が、人がにおいを認識するメカニズムは、人が分子の振動の違いをとらえ、その振動数によりにおいを認識するものと考えリサーチを進め、「振動説」として香料会社やネイチャー誌に持っていく(しかし認めてもらえない・・・)という内容のノンフィクションです。

 

 

 

本文の12行目から「貴腐ワインなんてものがあるくらいだ。高貴な腐敗だよ。」と語られ、トゥリン博士が好きなこのワインはたびたび文中で称賛されていました。

 

 

 

一方私は日常的にアルコールは飲みませんし、貴腐ワインといっても子供の頃にブドウを腐らせて作るやたらと高価なワインがあるという話を聴いたことがある程度で、今まで目にしたことはありませんでした。

 

 

 

chateau guiraudpictureこの本で紹介されているソーテルヌはシャトー・ディケム(桁が違います)やシャトー・リューセックという高級なものばかりなので、そこまで高くなくともそれなりの品質を持っていそうなところを探して見つけたのが、ソーテルヌ第一級のシャトー・ギローです。

 

 

 

さて、コルクを開けてグラスに注ぐと、今までに嗅いだ事のないようなフルーティ感と若干のカビ臭さ(とは言っても変なにおいではないです)と樽のような木の香り、そして口に入れると滑らかなピーチのような甘さが広がります。それは完熟の果実をそのまま齧ったような味です。後味にはナッツのような香りも感じられます。

 

 

 

chateau guiraudpicture3改めてグラスから香りを嗅ぐと、熟したバナナやメロンのような強いエステル臭が感じられ、口に含むとピーチの様でもあり、アップルの様でもあり、グレープの様でもある・・・、ってこの味はミックスジュースではありませんか。

 

 

 

ざっくり言ってしまうと、アルコールの効いて、若干カビ臭く、舌触りが滑らかなミックスジュースといった感じになりますね。

 

 

 

しかし高貴な腐敗と呼ばれ決してチープな感じがしないのは、やはり豊かな香りによるものでしょう。とてもおいしかったです。

«    »