• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

シナボン シナモンロール

cinnabonpicture以前から気になっていたCINNABON(シナボン)のシナモンロールです。

 

 

 

前に六本木のお店の前を通ったら、強烈なシナモンのにおいがしていました。(今でもそうなのかは不明)

 

 

 

結構並んでいて素通りしてしまったのですが、今では東京駅でも買えるようになって、ついにシナモンロールが2つ入った「シナパック」を購入しました。

 

 

 

まぁ箱に入っている段階から結構な大きさな気はしていたのですが、お皿にのせるとかなりのボリューム感。

 

 

 

熱々食べるのがおいしいらしく、電子レンジで一分間温めます。(箱には英語で書いてあったので気づきませんでしたが、オーブンでも温められるようです。しかし、予熱を含めたら食べるまでに30分以上かかってしまいます)

 

 

 

レンジから出すと、ロールの隙間がフロストでトロトロになっていて、シナモンの香りも部屋中に広がります。

 

 

 

さぁ、食べようと思うと、やっぱり大きいわけで、フォークを使って食べましょう。

 

 

 

一口食べてみると、生地がパン屋さんのシナモンロールとは違います。もうずいぶん食べていませんが、ケンタッキーのビスケット的な、フカフカした感じを思い出しました。

 

 

 

説明書きを読むと、この食感は「もちもち」らしいです。

 

 

 

食べていると、お皿がシナモンの沼になっていることに驚きます。(粘性のある液にシナモンの粒が大量に広がっています)

 

 

 

このシナモンの部分に行きつくと、甘いシナモンというより、生薬の桂皮という感じがするほどの力強さがあります。なんだか薬効がありそうな気がするほどの強さなのです。(エッセンシャルオイルのシナモンの様な気も)

 

 

 

お店ではコーヒーと一緒にいただくそうで、甘くない飲み物は必須です。

 

 

 

正直、サイズも大きい上に、味もこってりしているので、私にはヘビーでした。

 

 

 

もちもち食感、シナモンのパンチ、クリームチーズ・バター・マーガリンのこってり感が好きな方は楽しめるのではないでしょうか?

«    »