• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

カカオハンター シエラネバダ

sierranevadapicture以前何かのテレビ番組で見てちょっと気になっていたカカオハンターのチョコレート。(日本人女性が、幻の白カカオだったか?を求めて、ジャングルの中を探検していたような内容だった記憶)

 

 

 

食べてみました。

 

 

 

何種類かあって、選んだのはカカオ64%のシエラネバダです。

 

 

 

封を切って香りを嗅いでみると、強めの香りが来ました。

 

 

 

「フルーティ」、「アーシー」、「ウッディ」、コニャックとは違うのですが、それを嗅いだ時の様な複雑で豊かな香りがします。

 

 

 

齧ってみると「おいしい」。

 

 

 

とにかくおいしい。

 

 

 

気が付いたら3/4位食べてしまっている。

 

 

 

手で割ってちびちび味を確かめるより、直接齧って味を堪能したい。そんな感じです。

 

 

 

香りの強さは口に含んでもそうなのですが、少しチェリーとかジャムっぽい甘さを感じます。

 

 

 

カカオの風味も豊かで、香りが強いといっても、紛れもなくストレートなチョコレートの味です。

 

 

 

苦みはありますが、嫌な苦みと認識する手前のところでおさまっています。

 

 

 

あと重要なのが、しっかりした風味にもかかわらず味がしつこくないところです。

 

 

 

甘くて気分悪くなる感じがありません。

 

 

 

食べ終わった後の袋にも強い香りが残っています。今嗅ぐと、濃密な花っぽいというか、生花を嗅いだ時のややフルーティな甘さや土っぽさみたいな共通点を感じます。

 

 

 

カカオハンターのチョコレートは良質なロウマテリアルを嗅いでいるときの楽しさがあります。

 

 

 

これだけでも良い香りだけど、お菓子に使ったらさらにおいしいスイーツができるかもしれないと思わせるような。

 

 

 

良質な原料にこだわりを持つ方にオススメです。

«    »