• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

草ぶえの丘 バラ園

kusabue2015picture先日ローズ・ド・メの5月だったので、23日に千葉県佐倉市にある草ぶえの丘バラ園へ行って参りました。

 

 

 

オールドローズが沢山集められている貴重なバラ園です。

 

 

 

今回は数年ぶり2回目の訪問なのですが、京成の電車に乗っていると、京成佐倉の前に巨大な風車が建っているのを見て、数年前の訪問を思い出します。

 

 

 

前日にバラ園に電話してみたところ今年は暑かったため、花が早かったらしく、私が目的としていた香料用のバラ、ダマスク種とセンチフォリア種はピークを過ぎて、花が落ち始めているとのこと。

 

 

 

不安を抱きつつの出発でしたが花はまだ残っており、2種の香りの差を改めて確かめることが出来ました。

 

 

 

damascena2015pictureダマスク種はローズ水のような香りでフレッシュな印象。シトロネロールやゲラニオールといったローズアルコールの香りを感じることが出来ます。

 

 

 

花によっては少しグリーンな香りがあるものもありました。

 

 

 

オールドローズなので、花弁がくしゅくしゅっとしていて美しくはありませんが、優しいピンク色がかわいらしいですね。

 

 

 

centifolia2015picture続いてのセンチフォリア種はフェニルエチルアルコールという、しっかりとした甘さを持つ香気成分がはっきりと感じられました。

 

 

 

センチフォリアという名前だけあって、100枚あるかはわかりませんがたくさんの花びらがついています。

 

 

 

ダマスクもセンチフォリアもそうなのですが、まるで人がピックアップしやすいように作られたかのような、大きすぎず小さすぎずのちょうど良い大きさに思えました。

 

 

 

それにしても、どちらのバラも香料用のバラと想像しているより香りは強くありません。ブルガリアや南仏のバラはもっと強い香りがするのか、いつか訪れてみたいものです。

 

 

 

他のバラについては、また後日に。

«    »