• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

秋なのにガーデニア

gardenia2015picture27月5日の投稿に写真を載せたガーデニアですが、家の近所で最近咲いているのを見つけました。

 

 

 

見た様子だと夏に咲いている花と同じように見えますが、なんと秋にガーデニアとは!驚きです。

 

 

 

文献をいくつかあたってみても、花が咲くのはやはり「初夏」とか”warm-temperate zones of the world”と書いてありました。

 

 

 

夏に嗅ぎながら、この香りを高温多湿ではない環境で嗅ぐことができたら・・・と思っていたのですが、夜間は半袖ではちょっと肌寒い今ならそれを体感することができます。

 

 

 

さてその香りは、夏と比べて遠くから香ってくるというよりは、近づいて嗅がないといけないくらい香り立ちが弱く感じます。(近くに咲いているオシロイバナの香りは辺りに漂っていますが)

 

 

 

基本的な香りは変わりませんが、暑さや湿気に邪魔されないので心地良くその甘さを堪能することができます。

 

 

 

涼しい中で感じるその甘さはファンシーなフルーティフローラルで、子供のころの幻想を思い出させるような、うっとりしてしまう香りでした。(人それぞれかもしれませんが、私見では濃厚セクシーというより、子供の頃に嗅いだ懐かしい甘さ)

 

 

 

ジャスミンに、ガーデニア特有の少しこってりしたフルーティさが加わり、少しリンゴの様な甘さも感じられます。

 

 

 

いつまでも嗅いでいたかったのですが、微妙に人通りがあり民家の裏という場所柄、暗闇で花壇の低木に鼻を突っ込んでいたら通報されかねないので、早々に立ち去りました。

 

 

 

秋のガーデニアとてもお勧めです。見つけたら鼻を近づけてみてください。

«    »