• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

毛利庭園 お花見

sakura2017picture先週末、満開と言われながらも蕾が多かった桜ですが、昨晩の毛利庭園は正に満開で夜桜綺麗でした。

 

 

 

枝を落とされ丸くなってしまった桜は見るも無残ですが、毛利庭園の桜は枝がきれいに伸びていて、見事に花が行きわたって咲いています。

 

 

 

六本木ヒルズも出来てから結構たつなぁと思っていたら、来年で15周年だそうです。

 

 

 

sakura2017picture2でも古い感じはせず、入れ替わった多くのテナントを見ているとむしろ、10年前ここに在ったお店で買い物をしたなぁという気持ちで自分の方が年を取ったことをリアルに感じます。

 

 

 

そんな複雑な心境になりながらも、10年以上経ってもドキドキさせてくれる街づくりって素晴らしいと思います。

 

 

 

 そんな中、帰りに道に見かけたBOTTEGA VENETAさんで香水を見てきました。

 

 

 

 

最初のフレグランスが2011年に発売ですから、歴史はそれほど長くはありません。

 

 

 

bottegavenetapictureしかし初めに出たシグネイチャーフレグランスはガーデニアやパチュリ、レザーノートがブランドの雰囲気を体現する素晴らしいシプレー系の香りで、フレグランスラインの価値を高めているように感じます。

 

 

 

ムエットも素敵でイントレチャートを模した型押しがされています。

 

 

 

2016年に発売されたシグネイチャーフレグランスのフランカー、オーセンシュエルはフレッシュなピーチが効いたシプレーノートで、最近流行りの淡いピンクがかわいらしいデザインです。(香りはかわいい感じではなく、ピーチとパチュリが中毒的な要素を持たせる、好き嫌いがかなり別れる香りだと思います。)

 

 

 

ピーチの効いたシプレーというとゲラン社の名作ミツコが思い起こされます。ミツコの方がローズ、ジャスミン、ヴァイオレットのフローラルが強く、オーセンシュエルはピーチのフルーティ感が強めですが、どこか近いものを感じました。

«