• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

ミモザとコブシ

mimosa20171picture今年初めての植物巡りです。

 

 

 

葛西臨海公園へ行きました。

 

 

 

桜の咲く一歩手前の時期に見頃なのがミモザです。

 

 

 

以前は新宿の高島屋さんの裏にあるミモザが何本か植えられている公園というかスペースへ毎年行っていたのですが、数年前にだいぶカットされていて最近は行っていません。

 

 

 

葛西臨海公園のミモザは桜並木の場所で見られます。

 

 

 

去年は桜シーズンに行って、桜そっちのけでミモザを鑑賞していましたが、若干遅かったようで花は一部しか残っていなかったのですが、今年は冒頭の写真の通り満開でした。

 

 

 

mimosa20172picture香りもだいぶミモザ・アブソリュートの香料に近い雰囲気の、少々きゅうりっぽい青さと、パウダリーとはちょっと違うもっさりとしたダスティな温かみのある甘さ、ややこってりとオイリーな甘さが感じら、調合香料の杏仁豆腐っぽい甘さはあまり感じませんでした。

 

 

 

花の下にいてもやや香りはしますが、手に届く範囲にも咲いているので、じっくり香りを確かめることができました。

 

 

 

そして、この満開のミモザの手前にもう一つの香りの植物が!

 

 

 

kobushimagnoliapictureコブシです。

 

 

 

今まで見てきたコブシは、タイミングが合わなかったり、手の届かないほど高くに咲いていたので、落ちている花びらを嗅ぐ程度しかできませんでしたが、ここはちょうど良い高さで花が咲いているので堪能できました。

 

 

 

香りは直接嗅いでもやはりフルーティなエステルの甘さが特徴的です。

 

 

 

ややサンバック・ジャスミンと共通するような部分があるのではないかと感じました。サンバック・ジャスミンにあるようなグリーン感をフルーティなエステルに置き換えて・・・なんて考えたりします。

 

 

 

narcissus2017pictureさて、じゅうぶんにミモザとコブシの香りを堪能して帰り道をあるいていると、駐車場の脇に水仙が咲いていました。

 

 

 

今年は咲いているのを目にしても、足を止めて香りを嗅ごうとする余裕がなかったなぁと思いながら、鼻を近づけます。

 

 

 

だいぶ暖かくなったからでしょうか。真冬の身を切るような寒さで嗅ぐ香りとはやや印象が異なりました。インドール臭強めのワイルドな香りです。真冬に嗅ぐ白い水仙はもっとシンナミックな香りがするのですが。

 

 

 

久しぶりに柔らかい土の感触を足の裏で感じて、自然に包まれてリフレッシュできました。

 

 

 

しばらくするとライラックも見られるので、ここは春の香りの宝庫です。

«    »