• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

バニラチンキづくり 一日目

vanillabeanspicture最近ハーゲンダッツやフレデリック・カッセルの影響からタヒチアンバニラが気になっていて、バニラビーンズを買ってみました。

 

 

 

比較のためにマダガスカル産とタヒチ産の両方を買って嗅ぎ比べていたのですが、合わせていくつかの文献を見ている間に、チンキにして比較してみてはどうだろう?と思いチンキづくりを試みることにしました。

 

 

 

写真のバニラビーンズはすでにカットしてしまったものですが、まずは見た目が違います。乾燥してほっそりとしたのがマダガスカル産のビーンズで、全体的に太めで短くしっとりしているのがタヒチ産です。

 

 

 

詳細は後日「香りのエッセー」にまとめる予定ですが、タヒチ産バニラ (Vanilla tahitensis)は、マダガスカル産バニラ (Vanilla planifolia)の亜種で、香気成分の構成が異なります。タヒチ産はマダガスカル産に比べてバニラらしい甘さの特徴となる香気成分バニリンの量が少なく、代わりにアニスやフローラル様の甘さを持つアニスアルデヒドやアニスアルコールが多く含まれています。

 

 

 

madagascanvanillapictureマダガスカル産の香りは、チョコレートのような甘さのバニリンとラム酒のようなフルーティさ、そしてフェノール様の薬臭さが混ざったような複雑さを持ち、カスタードなどにバニラビーンズを使うことで生まれる味の深みはこの香気の複雑さに由来していると実感できる香りです。

 

 

 

さほど柔らかくなく、ある程度乾燥もしているので、切りやすく、中の粒も取り出しやすいビーンズでした。

 

 

 

tahitianvanillapicture一方タヒチ産は、チョコレートのようなバニリンの香りに、ヘリオトロピンのようなパウダリーでクリーミーな雰囲気を持つ香りが同程度感じられ、アニスやミモザのようなもったりとした甘さも加わり、それだけでアイスクリームのような華やかで滑らかな香りを感じられました。

 

 

 

こちらのビーンズは水分を多く含んでいて、切ろうとするとブヨブヨと生きている感触がします。さらに中の粒もねっとりとした何かと混ざり合うように存在し、かなり気持ちの悪いテクスチャーでした。

 

 

 

vanillatincture1stpicture良く抽出できるように、さやに切り込みを入れて、中の粒を掻き出します。

 

 

 

写真は漬けてすぐのものですが、茶色い色が出ています。

 

 

 

抽出の終了予定日が5月2日なので、その日までどのような変化があるのか、引き続きリポートをさせていただきます。

«    »