• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

サントリーブルーローズ アプローズ 1

applause1stpicture以前香料会社の方から「良い香りですよ」とおすすめ頂いていたサントリーさんのブルーローズ「アプローズ」です。

 

 

 

通常バラは青色色素を作る遺伝子を持たないため、青いバラは存在しなかったそうなのですが、サントリーさんの挑戦により実現したのがこのアプローズです。

 

 

 

1990年のプロジェクトスタートから、青色遺伝子を入れても青色色素が検出されないなど困難な開発や、遺伝子組換え品に関する法律により役所の認可を得るなどの過程を経て、2009年の一般販売開始まで20年近くの歳月を要したそうです。

 

 

 

真っ直ぐと茎の伸びたとてもきれいなローズです。

 

 

 

今までこの世に存在しなかったからか、この青というより紫のバラに違和感を覚えないことはないですが、写真より実物の方が美しいです。

 

 

 

applausewaterpictureお店の方がおっしゃるには、非常に繊細な花らしく、当時届けられたバラを選んで下さり、包装もしっかりして下さいました。さらに長い間楽しむために鮮度保持剤を使用してくださいとのことでした。(水500mlに鮮度保持剤1袋10mlを入れて希釈してくださいとのことで、500mlペットボトルに希釈液を作りました)

 

 

 

そして肝心の香りですが、お店の方も「良い香りのローズです!」とおっしゃっていましたし、レジ横にはアプローズ香水のテスターも置かれていましたから、香りもセールスポイントの商品なのかもしれません。

 

 

 

まだ開き切っていないからか、一日目はCitronellyl acetate (シトロネリル アセテート)の様な、グリーンアップル的な青味のある香りを主に感じました。

 

 

 

せっかくなので本日から開花の様子と香りについてレポートしていきたいと思います。

«    »