• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

OPENERSに掲載していただきました

弊社小林が「香りのエヴァリュエーション」の章を担当している、新しいフランス語の教科書”CHOSES QUI FONT BATTRE LE CŒUR” (心ときめきするもの)著者:芳野まい他 出版:弘学社が、ウェブマガジンのOPENERS (オウプナーズ)に掲載されました。

 

 

 

私たち日本人が意外と知らない日本の文化。海外の方とお話しした際、日本の文化に関する何気ない質問に上手く答えられない時に知らないことを実感します。(昨日のブログ記事に書いたとおり七草がゆを初めて作って食べたくらいですから)

 

 

 

このフランス語教科書は、日本の文化に関する事柄を中心にそれぞれの分野の専門家が執筆しています。

 

 

 

「和菓子」の章を読むとその奥深さに和菓子を食べたくなりますし、「折形」の章は日本の贈物に込められた本来の意味について気付かされます。香りに関しては「お香」の章もあり、残り香に秘められた思いが書かれています。

 

 

 

小林が担当した「香りとエヴァリュエーション」の章は、目に見えない香りを特長とした商品が出来るまでのコミュニケーション過程と、商品の魅力を伝えるためのことばについての内容です。

 

 

 

フランス語の勉強プラス、安価な大量生産によって形骸化してしまった物事の本質や、それぞれの仕事に込められた思いについても学べる教科書となっております。

 

 

 

これからフランス語を学ばれる方だけでなく、今までフランス語を学ばれたことのある方にもご覧いただきたい教科書です。

«    »