• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

NO MUSEUM, NO LIFE?

nmnlpicture東京国立近代美術館へ行って参りました。

 

 

 

山手線目黒駅のポスターを眺めているとマルセル・デュシャンの”Fountain”が載っていて、この作品を目当てに行ったのですが、全体の構成から美術館側のメッセージを強く感じられるとても良い展覧会でした。

 

 

 

国内の国立美術館5館から厳選された作品が、AだったらArchive、DだったらDiscussionとかそれぞれのテーマに合わせてA to Zで展示されているのですが、その一つ一つのテーマに書かれた解説(辞書の内容部分に相当)が来場者へのメッセージになっているのです。

 

 

 

普通の展覧会だと特集された企画や作家の作品解説や時代背景について書かれているので、美術館としてのメッセージ性は感じませんが、この展覧会はカタログ24pの文章を引用させていただくと「一言でいえば、国立美術館の所蔵作品を鑑賞しながら、その鑑賞構造を成立させる展覧会ないし美術館そのものをみる展覧会である。」とあり、メッセージ性の高い解説もまた主要な作品の一部なのでした。

 

 

 

展覧会のカタログには作品の写真の他、A to Zの解説も展示のまま載せられており、「これからの美術館事典」というタイトル通り、事典としてたびたびめくりたくなる内容です。

 

 

 

一番の目的だったデュシャンの作品はレディメイド4点の他、”Prière de toucher”という彫刻として登録された国際シュルレアリスム展のカタログ、”La Boîte-en-valise”という作品のミニチュアレプリカを収めたボックスセットと、図版で親しんだ作品の現物を見ることができました。

 

 

 

その他とても良かった作品は、ダニエル・セーヘルスとコルネリス・スフートによる17世紀前半に書かれた絵画「花環の中の聖母子」です。この花環に書かれたバラの花びらがうっすらと透き通っているように描かれていて、ただただ美しかったです。

 

 

 

ただこの作品の美しさはカタログの写真では再現できず、本物のみが持つ美しさでした。

 

 

 

今でもこのような花の絵が描ける画家の方の作品があったら購入して手元に置いてみたいです。

«    »