• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

ヴィンテージ ランバンの広告

lanvinparfumspicture先日、丸の内オアゾへ行ったら、2階でフランスの古い広告を集めたコーナーがありました。

 

 

 

シャネル社のN°5がディスプレイされていて目に留まり「他に香水の広告はありますか?」と尋ねると、ディオール社やガリオン社、そしてランバン社の広告を出して下さいました。

 

 

 

昔は大きいポスターなどは作っていなかったそうで、雑誌や新聞の切り抜きが半世紀の時を経て、商品として販売されているようです。

 

 

 

私は一時期海外のファッション誌を購読していて、7年分27冊を保管しています。

 

 

 

なかなか味のある広告は少ないですが、2000年代後半のバーバリー社は、英国のロックミュージシャンをキャンペーンに使い、ロックというよりパンクな態度のモデルたちを、上等なスーツやコートで包んだカッコいいキャンペーンでした。

 

 

 

今年の春夏はラフ・シモンズ氏最後のディレクションとなったディオール社の広告が素晴らしいので、久しぶりにファッション誌を購入する予定です。(半世紀後にも通用するのか楽しみです)

 

 

 

さぁ、街中は梅も咲き始め、そろそろ冬の終わりが見えてきました。

 

 

 

引き続き、街中の香りも紹介していきたいと思います。

«    »