• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

あけましておめでとうございます

2016pictureあけましておめでとうございます。

 

 

 

2016年、昨年に引き続き暖かい日が続きますね。

 

 

 

空気のにおいも3~4月の卒業・入学シーズンを思わせる雰囲気がありました。

 

 

 

気候は花の開花に影響するので、少々心配なところがあります。

 

 

 

昨年の上半期はタイミングを逃してしまって嗅げなかった花がいくつかありました。

 

 

 

今年は何とかニオイスミレを見つけてみたいですね。

 

 

 

さて、他に今年注目しているのはGUCCI社のクリエーションです。昨年に新しいクリエイティブ・ディレクターとしてアレッサンドロ・ミケーレ氏が就任し、シックなイタリアンテイストから、レトロでキュートなイタリアンテイストへと変化しているようです。

 

 

 

クルーズコレクションのキャンペーンビジュアルはちょっとバルテュスの絵画っぽい感じの写真もあり、良い感じです。(キャンペーンビデオは、ヒッピー in 貴族の館って感じなのですが)

 

 

 

ミケーレ氏はグッチ社のみならず、買収したリチャード・ジノリのディレクターも兼務している多才な方なので、きっとフレグランスも面白い作品を作ってくれるのではないかと期待しているのです。

 

 

 

しかし、フレグランスは必ずしもディレクターが関与するわけではないので、昔トム・フォード氏が関わっていた頃のような、個性ある作品が生み出されるかはわかりませんが。

 

 

 

もう一つのブランドはサンローラン社です。こちらはエディ・スリマン氏が戻ってきました。彼はディオール社のメンズウェアのディレクターだった頃、メンズフレグランスのディレクションにも関わっておりディオールオムという名香や、現在のコレクシオン・プリヴェにつながる新しいラインを創りましたので、きっとサンローラン社でもかかわりを持つことでしょう。

 

 

 

しかも今はメンズとレディースのディレクションをしているので、どちらのフレグランスも楽しみ。

 

 

 

さて、当社は引き続きこのティーブレイクで植物や香りの飲食物を紹介するほか、新しいエッセイを書く予定です。

 

 

 

私自身、昨年末から生活を改めましたので、その影響がすぐに表れるかわかりませんが、より興味を持っていただけるような内容をお届けできるように努めます。

«    »