• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

手作りアロマキャンドル せっけんの香り

soapcandlepictureいつまでも暑いと思っていた秋が終り、ここ数日急に冬の寒さになってまいりました。

 

 

 

クリスマスも近いですし、久しぶりにキャンドルを作ってみました。

 

 

 

香りは以前ご紹介した、ラベンダーオイルを使ったせっけんの香りです。

 

 

 

作り方は前回同様、まず容器に固形パラフィンを15g入れて湯せんで溶かします。

 

 

 

パラフィンが完全に溶けたら湯煎から外し、ラベンダーオイル5滴、メチル ディハイドロジャスモネイト1滴、アップルムスク5滴を溶けたパラフィンに加えていきます。(今回はスポイトは使わず、直接香料のボトルから滴下する方法です)

 

 

 

candlecrippictureよく撹拌したらタコ糸で芯を作り割りばしで挟んで固定します。パラフィンが固まるまで涼しいところに置いておけば出来上がりです。(芯が安定するよう、今回はクリップにタコ糸を結んでパラフィンの底に沈めてみました)

 

 

 

今回のブレンド、割とマイルドに香ります。

 

 

 

室内がほんのり香るくらいで心地良いです。

 

 

 

aromabookpictureそれから、フレグランスジャーナル社から出ている『アロマセラピストのための最近の精油科学ガイダンス』という本に、「フレグランスキャンドルはアロマテラピーとして有効」という内容がまとめられています。

 

 

 

燃焼前と燃焼後の香気成分を比較しところ、香りにそれほどの変化はないという結果だったそうで、癒しのアロマとして使用できるというような内容です。

 

 

 

他にはエッセンシャルオイル入りのキャンドルは黄色ブドウ球菌や大腸菌を死滅させるなどについても書かれています。

 

 

 

精油の残留農薬や、危険物としての精油(引火点)など、色々なことが書かれている興味深い本なのでお勧めです。

 

 

 

さて、次は華やかな気分になれそうなフローラル系のキャンドルを作ってみたいと思います。

«    »