• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

ティーブレイク

天然素材

jasmine2018picture香料だけに限りませんが、ものづくりをしている方々から、ここ何年間も耳にするのが「良い素材が手に入らなくなり、あったとしても高くて買えない」といったお話です。

 

 

 

理由はそれぞれですが、需要の増大と、人件費の高騰、投機マネーの流入などが主な背景と思われます。

 

 

 

皮革などは、昔はバッグなどを作るのに皮革の良い部分だけを使い、余った部分は廃棄同然で、安く束になって売られており、それを使った革小物などがあったのですが、今は昔使わなかった部分までバッグなどに使われてしまうので、余った素材が流れてこないそうです。

 

 

 

木材などは、伐採しすぎて、植林が追いつかず、昔ながらの樹齢の高い目の詰まった良質な木材が得られなくなったとか。

 

 

 

あとは、仕事そのものよりマネーの価値が強まり、リアルなものづくりの仕事の魅力が失われつつあることもあるでしょう。

 

 

 

さらに人手不足と言われていますね。素材とは違いますが、人を育てるにもとても時間がかかりますから。

 

 

 

量産品の品質は向上しましたが、高級嗜好品のそれは過去と比べると・・・。

 

 

 

広告では何でも「品質の高い〇〇を使った」と書かれますが、本当に気に入った物を見つけられるか、今年も探し続けます。

 

 

 

写真のジャスミンは、現在の写真です。1月でも咲いていますが、においはしません。11月くらいから香りは急激に弱まりました。2017年のジャスミン・ポマードは、夏から秋の香りの強い状態の花だけを使って作りました。濃厚です。

«