• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

こどもの部屋

■香りの自由研究

香りの自由研究

svpicture夏休みの宿題といえば、読書感想文と自由研究ですよね。

 

 

私たちは香りに興味を持った学生さん達が夏休みの宿題を通して、より香りへの興味関心を深めていけるよう、このテーマに注目してみました。

 

 

研究テーマから考えるのが自由研究なので、以下にあげるテーマはきっかけとして捉えていただき、自分なりのテーマを探ってみましょう。

 

 

【香りの自由研究 テーマ】

casablancapicture-身近な香りの植物を探してみよう(初級)-

街中を散歩して、香りのある植物を探し、写真を撮って、どのような香りか(甘い、臭いの他、何の匂いに近いなど)まとめてみましょう。

 

いきなり探すのは大変なので「香りの植物図鑑」をヒントに夏の香りの植物を探してみましょう。

 

ユリ、バラ、ニオイバンマツリ、ゼラニウム、キンカン、オシロイバナ、イチジクの葉などが夏に嗅げる香り植物です。

 

意外とよく見かけるけど名前を知らない植物なども出てくると思います。

 

知らなければただの道端の草花ですが、名前を知ると親しみがわいて「こんなところにも咲いていたんだ」という発見が出てくると思います。

 

また、身近な植物からは離れますが、植物園へ行ってみるのもおススメです。一度にたくさんの植物を観察できますから。

 

東大和市駅にある「東京都薬用植物園」は、ミント類やタイム、セージ、レモングラスなどのハーブの他、ジャスミンサンバックやイランイランなど普段近所で見られない香料の採取できる花の香りを嗅ぐことができるので、大変オススメです。

 

蚊や蜂が多いので、長袖、虫よけスプレー、黒や黄でない服が良いのと、基本屋外なので日焼け止め、足元が悪いのでスニーカー必須です。

 

今後の植物に対する知識の増加も期待できるおすすめの研究テーマです。

 

 

 

sv2picture-香水の香りを観察してみよう(中級)-

香水の香りは各香気成分の沸点が低いものから香りが立ち始め、トップノート、ミドルノート、ラストノートと分けられています。

 

自分の持っている香水を「ムエット」につけて、30分ごとに香りを嗅ぎ、時間の経過による香りの変化を見ていきましょう。

 

30分毎の香りの変化を観察して、どのような香りがするか書き留めてまとめてみましょう。

 

同じ香水を複数回観察することで、初めにはわからなかった香りがわかるようになるかもしれません。

 

 

 

workbookinsidepicture-香りのワークブックで香り作りにチャレンジ(スペシャル)-

コクヨさんから資生堂さん監修の「香りのワークブック」という調香キット付きの本が発売されています。

 

 

シトラス、ローズ、ホワイトフローラルなど7つの香りのペーストを混ぜ合わせて調香体験することができます。

 

 

私もいくつかの香りを作ってみました。体験レポート&レシピはこちらのページをご覧ください。

 

 

夏休みに香りをテーマに自由研究をされる方が増えたらうれしく思います。