• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

こどもの部屋

香りのワークブック

workbookcoverpicture2015年コクヨさんより、「香りのワークブック」という資生堂さんが監修した子供向けの調香体験キットが発売されました。

 

 

 7種類の香りがついたオイルジェルを混ぜ合わせて香りを作る内容になっています。

 

 

そしてそれぞれの香りとレシピの紹介、そしてシンプルな香料の歴史が書かれた小さな本もついています。

 

 

香料の歴史はとても短いのですが、西洋と日本のポイントがシンプルにまとめられていて素晴らしいです。

 

 

workbookinsidepictureさて、7種類の香りはどんな雰囲気かといいますと、

 

 

Citrus(シトラス・柑橘):レモンがメインのシャープな香りです。

 

 

Green(グリーン・未熟):ミントの香りで歯磨き粉が連想されます。

 

 

Fruity(フルーティ・果物):とてもおいしそうなピーチの香りです。

 

 

White Floral(ホワイトフローラル・白い花):ややグリーンなミュゲ(スズラン)の香り。フェニルエチルアルコールが感じられるので、ややローズっぽさも感じられます。

 

 

Rose(ローズ・バラ):ダマスクやセンチフォリアといったオールドローズではなく、ティー系のモダンローズの香りです。

 

 

Sweets(スウィーツ・お菓子):DEMEL社のココスツイーゲルのようなココナッツサブレを思わせる甘い香りです。

 

 

Woody musk(ウッディムスク・木とホワイトムスク):ムスクだけだと香りの立ちが弱いからか、グリーンとウッディを強く感じる香りです。

 

 

では、ひとつひとつの香りをチェックしたら実際に調香してみましょう。

 

 

まず、メインにする香りを選び、それにどの香りを足して変調させるか目的を持って香りを選びます。

 

 

混ぜすぎると、特徴がつぶされてしまいますから、2~3種類の香りを選ぶのが良いでしょう。

 

 

私はまずFruityの香りがとても気に入ったので、この香りをメインに、Roseをプラスして、ちょっと強くなりすぎそうなので、White Floralを入れて柔らかさを出してみることにしました。

 

 

付属の木べらでは、拭いても香りが混ざってしまいそうなので、爪楊枝の柄に米粒大を取ります。

 

 

レシピは、Fruity:3、Rose:2、White Floral:1にしました。

 

 

さて出来上がった香りは、ピーチメインのフルーティフローラルになりました。トイレタリーっぽいですが、なかなかおいしそうな良い香りです。

 

 

次は少々扱いが難しそうなSweetsを使ったレシピに挑戦してみます。

 

 

ローズマカロンのような香りを目標に、フレッシュさを出すためのCitrus、Roseは香りが立ちにくいので多めにして、Sweetsはかなり強い香りなので少なくしてみました。

 

 

レシピはCitrus:1、Rose:3、Sweets:0.5

 

 

ローズにグルマンな甘さが加わって狙い通りにまとまりました。

 

 

さぁ最後は最も難しそうなGreenとWoody muskを使った香りです。

 

 

この2つはどちらもハーバルグリーンな要素が感じられるので、相性は良さそうです。そこにCitrusのフレッシュさをプラスしてみます。

 

 

レシピはCitrus:3、Green:1、Woody musk:1

 

 

さて出来栄えは、Greenの量を迷いました。はじめは0.5にしていたのですが、もうちょっと強い方が特徴でるかなと思い最終的に1にしてみて、ややミントが強く感じられる香りに仕上がりました。ミントは0.5のままでも良かったかもしれません。

 

 

workbookletterpicture実際に作ってみて子供用とのことですが、このキット一つで、それぞれの香り素材を覚え、特徴をつかみ、どのような香りにするか創造力を働かせ、試行錯誤してみるといった調香の要素を一通り体験することができる素敵な商品でした。

 

 

対象年齢は中学生くらいからでしょうか?小学生なら保護者の方の説明を受けながらの方が良いかもしれません。

 

 

子供だけでなく、一度調香をしてみたいという方に、ぜひオススメな商品です。

«