• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りに関わる仕事

調香師 (パフューマー) になるには

香りに関する仕事で一番初めにイメージされるのは調香師(香水をつくるパフューマー)でしょう。メディアでもしばしば紹介される事がある仕事です。

 

日本では一般的には薬学部、農学部などの理系の大学又は大学院を卒業した人が香料会社に入り、運良くフレグランス部門に配属されてセンスのある人が就ける仕事です。最近は香料について学ぶ専門学校もあり、そこを卒業して香料会社に入り、同様に運良く配属されセンスのある人がなるケースもあります。しかし香料業界はフレグランス(香粧品)とフレーバー(食品)で分かれており、日本の香料業界はフレーバーの需要が高く、フレグランスの需要はあまり高くなく求人も少ないです。そして、香水(ファインフレグランス)ではなくトイレタリー(ヘアケアやボディケア、スキンケアなど)やハウスホールド(芳香剤など)を作る事がほとんどです。

 

ブランド香水を作る様なパフューマーになるには、フランスの香料専門学校を卒業後、大手の海外香料会社に就職し、そこで数年の訓練を積む必要があります。香料専門学校を卒業したら必ず香料会社に入れるわけではないですし、香料会社に入ってもどこに配属されるかはわかりません。その上、祖父の代から続いている様な世襲のパフューマーが多くいます。

 

日本で生活していて大学受験する段階で「僕・私は将来パフューマーになる為に理系の大学を受験する。」と自分の道を決めている方はまれだと思います。残念ながら文系の学部に進学し、就職活動をする為の自己分析で、香りに興味があるからパフューマーになりたいなと思ってすぐにチャレンジできる仕事ではありません。

 

そして有名ブランドの香水を作る様なパフューマーになるのは、上記のような理由から気が遠くなる様な話です。

 

フリーの調香師の方もいらっしゃいますが技術と知識を持ち合わせているのは当然の事、資金とコネクションがないと膨大な香料を集め維持管理するのは不可能です。

 

 

このように有名香水を作る事はおろか、パフューマーの仕事に就く事も非常に狭き門ですが、香りに興味を持たれた方がもう少し視野を広げられる様、香りに関する仕事をいくつか紹介させていただきたいと思います。

 

下記に紹介した仕事の他にも香り雑貨を扱う輸入業者や化粧品の企画会社などもあります。

 

しかし、いずれにしても希望する仕事に就くのは難しく、その会社に運良く入れたとしても配属部署によっては香りとほとんど関わりのない仕事に就く可能性もあります。

調香師 (パフューマー)

数百種類の香料を使いこなし香粧品の香りを作る仕事です。香水だけでなく、洗剤やヘアケア、ボディケア、スキンケア、芳香剤などの香りを作ります。

一つ一つの香料を覚える事から始まり、次に香料を混ぜ合わせた時の調和(アコード)を覚え、過去の名香の処方を学び知識と技術を深めていきます。

機器分析による香りのデータを参考に、それぞれの基材(シャンプー、洗剤、クリーム等々)に合った香りを作ります。

お客様の依頼に沿った香りでなおかつスケジュール内にコスト、安定性、安全性を満たした調合香料を作る必要があります。

香水の香り(ファインフレグランス)を作るより、トイレタリーや芳香剤(ハウスホールド)の香りを作るパフューマーや仕事の方が多いです。

 

【主な配属先】 香料会社、化粧品会社

調香師 (フレーバリスト)

食品の香り(味)を作る仕事です。調香師=香水というイメージが強いですが、日本ではパフューマーよりフレーバーリストの職の方が多いのが現状です。


香粧品の香料と同様に依頼に沿った香りでコスト、安定性、安全性を満たした調合香料を作る必要があります。一つ一つの香料の香りは香粧品で使用するより強烈な物が多いです。


日本の加工食品や飲料、お菓子のおいしさを影で支えている仕事です。

 

【主な配属先】 香料会社、食品会社

コンパウンダー

調香師の作った処方(香料の配合表)通りに香料を混ぜる仕事です。香料も普通の液体から粘度の高いもの、粉体のもの、固形の物など様々な種類があり、それらを0.01gなどの細かい単位で数十種類の香料を混ぜ合わせるので、正確さとスピーディさが求められる仕事です。

 

【主な配属先】 香料会社、化粧品会社、食品会社

エヴァリュエーター

Evaluate(評価する)という意味の通り、香りを評価する仕事です。


営業が持ち帰ったクライアント(お客様)の依頼(「甘い香り」など漠然としている事もある)を受けてその依頼を検討し香りの方向性をより具体的(甘いとはバラの甘さなのかピーチの甘さなのかなど)に定めます。


検討内容に基づいて適した香りを社内のストックから選んだり、調香師に依頼をしたりします。出来あがった試作品を評価検討し、イメージを補足するプレゼンテーション資料を作り営業に渡すなど、調香師と営業の間に入り、プロジェクトの様々な調整を行う仕事です。


エヴァリュエーターはクライアントの希望に沿った香りを提案できる様、マーケットと香り両方に意識して仕事する必要があります。


また、営業がエヴァリュエーションを兼務する事もあります。

 

【主な配属先】 香料会社、化粧品会社、食品会社

香料会社営業(セールス)

クライアントと直接やりとりをする窓口となる仕事です。クライアントからの依頼を受けて会社へ持ち帰ります。社内での検討がスムーズに進むよう、的確にヒアリングを行う必要があります。そして、出来あがった試作品を持ってクライアントに提出します。エヴァリュエーターがいない場合、その仕事を兼務する事もあります。


また、調香の素材となる単品香料(ロウマテリアル)や調合香料の営業もあります。こちらは自社の持つ単品香料を調香師やエヴァリュエーターに紹介する仕事です。

 

【主な配属先】 香料会社、化粧品原料商社

香水販売員

香水ショップやデパートの香水売り場で香水を販売する仕事です。売れ筋の香水を紹介したり、お客様が探している香水を一緒に選んだりします。


インターネット通販による激安販売が一般的になっている今日、接客の良さが求められる仕事です。

 

【主な配属先】 香水輸入販売商社、香水販売店

香り空間コーディネーター

ある一定の空間の香りを演出する仕事です。香りの拡散装置を用いて、演出する空間の雰囲気に合わせた香りをプロデュースします。

 

【主な配属先】 香り環境プロデュース業者

アロマセラピスト

主に天然香料(エッセンシャルオイル)や植物油(キャリアオイル)などを用いて人々を癒したり元気づけたりする仕事です。


民間の団体が行っている資格がいくつかある他、アロマセラピーで有名なイギリスの資格などもあります。


医療や鍼灸・マッサージとは異なり治療や医療行為ではないので注意が必要です。

 

【主な配属先】 アロマ関連企業、アロマ系サロン

臭気判定士

現在唯一の匂いに関する国家資格です。悪臭防止法に基づき様々な現場で調査そして対策を行います。悪臭対策のスペシャリストです。

 

【主な配属先】 環境事業者など