• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの用語集

ボードリュシャージュ

baudruchage(ボードリュシャージュ)

 

主にパルファン/エクストレの瓶と栓の部分に施す薄い膜を使ったシールの技術

 

高級な香水では、牛や羊の腸膜が使われている

 

取り外すと、この膜に香水の香りが移っていて、これだけでも良い香りがする

天然香料の表示名称

天然、合成を問わず、化粧品の表示名称で香料は「香料」と表示しますが、自然派であることを強調するために各天然香料を表示名称で書き出している商品があります。

 

よく知られている香料名で書かれていればわかりやすいのですが、和名をベースにつくられた表示名称が多いので、一目ではわかりにくい香料があります。

 

参考までに一覧を記載します。(本内容は天然香料と表示名称等の関係を保証するものではございません。商品化等の際には化粧品工業会の資料をご確認ください)

 

一般的な天然香料名、(学名)、”INCI名”、「表示名称」、抽出部位

【シトラス】

ベルガモット、(Citrus bergamia)、”CITRUS AURANTIUM BERGAMIA (BERGAMOT) FRUIT OIL”、「ベルガモット果実油」、果実

 

オレンジ、(Citrus aurantium dulcis)、”CITRUS AURANTIUM DULCIS (ORANGE) PEEL OIL”、「オレンジ果皮油」、果皮

 

ビターオレンジ、(Citrus aurantium amara)、”CITRUS AURANTIUM AMARA (BITTER ORANGE) PEEL OIL”、「ビターオレンジ果皮油」、果皮

 

レモン、(Citrus limon)、”CITRUS MEDICA LIMONUM (LEMON) PEEL OIL”、「レモン果皮油」、果皮

 

レモン、(Citrus limon)、”CITRUS MEDICA LIMONUM (LEMON) FRUIT OIL”、「レモン果実油」、果実

 

レモン、(Citrus limon)、”CITRUS MEDICA LIMONUM (LEMON) PEEL OIL”、「レモン油」、新鮮な果皮

 

グレープフルーツ、(Citrus paradisi)、”CITRUS PARADISI (GRAPEFRUIT) PEEL OIL”、「グレープフルーツ果皮油」、果皮

 

マンダリン、(Citrus nobilis)、”CITRUS NOBILIS (MANDARIN ORANGE) PEEL OIL”、「マンダリンオレンジ果皮油」、果皮

 

タンジェリン、(Citrus reticulata)、”CITRUS RETICULATA (TANGERINE) PEEL OIL”、「マンダリンオレンジ果皮油」、果皮

 

マンダリン、(Citrus nobilis)、”CITRUS NOBILIS (MANDARIN ORANGE) OIL”、「マンダリンオレンジ油」

 

ユズ、(Citrus junos)、”CITRUS JUNOS FRUIT OIL”、「ユズ果実油」、果実

 

【グリーン】

ガルバナム、(Ferula galbaniflua)、”FERULA GALBANIFLUA (GALBANUM) RESIN OIL”、「フェルラガルバニフルア樹脂油」、樹脂

 

プチグレイン ベルガミア、(Citrus bergamia)、”CITRUS AURANTIUM BERGAMIA (BERGAMOT) LEAF OIL”、「ベルガモット葉油」、葉

 

プチグレイン シトロニア、(Citrus limon)、”CITRUS LIMON LEAF OIL”、「レモン葉油」、葉

 

プチグレイン ビガレード、(Citrus aurantium amara)、”CITRUS AURANTIUM AMARA (BITTER ORANGE) LEAF/TWIG OIL”、「ビターオレンジ葉/枝油」、枝葉

 

プチグレイン タンジェリン、(Citrus nobilis, Citrus nobilis)、”CITRUS RETICULATA (TANGERINE) LEAF OIL”、「マンダリンオレンジ葉油」、葉

 

ヴァイオレットリーフ、(Viola odorata)、”VIOLA ODORATA OIL”、「ニオイスミレ油」

 

【フルーティ】

バレリアン、(Valeriana officinalis)、”VALERIANA OFFICINALIS ROOT OIL”、「セイヨウカノコソウ根油」、根

 

コニャック、(Vitis vinifera)、”VITIS VINIFERA (GRAPE) FRUIT JUICE FERMENT LEES OIL”、「ブドウ果汁発酵粕油」、ブドウ果汁の発酵粕

 

ダヴァナ、(Artemisia pallens)、”ARTEMISIA PALLENS FLOWER OIL”、「アルテミシアパレンス花油」、花

 

カシス、(Ribes nigrum)、”RIBES NIGRUM (BLACK CURRANT) BUD EXTRACT”、「クロフサスグリ芽エキス」、芽

 

【ミント】

ペパーミント、(Mentha piperita)、”MENTHA PIPERITA (PEPPERMINT) OIL”、「セイヨウハッカ油」

 

スペアミント、(Mentha spicata)、”MENTHA VIRIDIS (SPEARMINT) LEAF OIL”、「スペアミント油」

 

ハッカ、(Mentha arvensis)、”MENTHA ARVENSIS LEAF OIL”、「ハッカ葉油」、葉

 

【ハーバル】

ラベンダー、(Lavandula officinalis)、”LAVANDULA ANGUSTIFOLIA (LAVENDER) OIL”、「ラベンダー油」

 

スパイクラベンダー、(Lavandula latifolia)、「スパイクラベンダー油」、葉および芽

 

スパイクラベンダー、(Lavandula spica)、”LAVANDULA SPICA (LAVENDER) FLOWER OIL”、「ヒロハラベンダー花油」、花

 

ローズマリー、(Rosemarinus officinalis)、”ROSMARINUS OFFICINALIS (ROSEMARY) LEAF OIL”、「ローズマリー油」、花および葉

 

ローズマリー、(Rosemarinus officinalis)、”ROSMARINUS OFFICINALIS (ROSEMARY) LEAF OIL”、「ローズマリー葉油」、花期の枝および葉

 

セージ、(Salvia officinalis)、”SALVIA OFFICINALIS (SAGE) OIL”、「セージ油」

 

マジョラム、(Origanum majorana)、”ORIGANUM MAJORANA FLOWER OIL”、「マヨラナ花油」、花

 

マジョラム、(Origanum majorana)、”ORIGANUM MAJORANA LEAF OIL”、「マヨラナ葉油」、葉

 

スコッチ パイン ニードル、(Pine sylvestris)、”PINUS SYLVESTRIS LEAF OIL”、「セイヨウアカマツ葉油」、葉

 

アレッポ パイン ニードル、(Pinus halepensis)、”PINUS HALEPENSIS BRANCH/LEAF OIL”、「アレッポマツ枝/葉油」、枝および葉

 

ハイマツ、(Pinus pumilio)、”PINUS PUMILIO OIL”、「ハイマツ油」、葉または球果

 

シモフリマツ、(Pinus cembra)、”PINUS CEMBRA LEAF/TWIG OIL”、「シモフリマツ葉/小枝油」、葉および小枝

 

クラリセージ、(Salvia sclarea)、”SALVIA SCLAREA (CLARY) OIL”、「オニサルビア油」、葉および花

 

サイプレス、(Cupressus sempervirens)、”CUPRESSUS SEMPERVIRENS LEAF/NUT/STEM OIL”、「イタリアイトスギ葉/実/茎油」、葉、実および茎

 

サイプレス、(Cupressus sempervirens)、”CUPRESSUS SEMPERVIRENS LEAF OIL”、「イタリアイトスギ葉油」、葉

 

サイプレス、(Cupressus sempervirens)、”CUPRESSUS SEMPERVIRENS OIL”、「イタリアイトスギ油」

 

ジュニパーベリー、(Juniperus communis)、”JUNIPERUS COMMUNIS FRUIT OIL”、「セイヨウネズ果実油」、果実

 

シトロネラ、(Cymbopogon nardus)、”CYMBOPOGON NARDUS (CITRONELLA) OIL”、「コウスイガヤ油」、葉

 

メリッサ、(Melissa officinalis)、”MELISSA OFFICINALIS LEAF OIL”、「メリッサ葉油」、葉

 

レモングラス、(Cymbopogon flexuosus)、”CYMBOPOGON FLEXUOSUS OIL”、「インドレモングラス油」

 

レモングラス、(Cymbopogon citratus)、”CYMBOPOGON CITRATUS LEAF OIL”、「レモングラス葉油」、葉

 

レモングラス、(Cymbopogon schoenanthus)、”CYMBOPOGON SCHOENANTHUS OIL”、「レモングラス油」

 

ウィンターグリーン、(Gaultheria procumbens)、”GAULTHERIA PROCUMBENS (WINTERGREEN) LEAF OIL”、「ヒメコウジ葉油」、葉

 

【アロマティック】

アニス、(Pimpinella anisum)、”PIMPINELLA ANISUM (ANISE) SEED OIL”、「アニス種子油」、種子

 

アニス、(Pimpinella anisum)、”PIMPINELLA ANISUM (ANISE) FRUIT OIL”、「アニス油」、果実

 

フェンネル・スウィート、(Foeniculum vulgare)、”FOENICULUM VULGARE (FENNEL) OIL”、「ウイキョウ果実油」、果実

 

フェンネル・スウィート、(Foeniculum vulgare)、「ウイキョウ油」、果実

 

スターアニス、(Illicium verum)、「ウイキョウ油」、果実

 

スターアニス、(Illicium verum)、”ILLICIUM VERUM (ANISE) FRUIT EXTRACT”、「ダイウイキョウ果実油」、果実

 

バジル、(Ocimum basilicum)、”OCIMUM BASILICUM (BASIL) OIL”、「メボウキ油」

 

エストラゴン、(Artemisia dracunculus)、”ARTEMISIA DRACUNCULUS (TARRAGON) OIL”、「タラゴン油」、全草

 

アルモアゼ、(Artemisia vulgaris)、”ARTEMISIA VULGARIS OIL”、「オウシュウヨモギ油」、全草

 

カモミール・ローマン、(Anthemis nobilis)、”ANTHEMIS NOBILIS FLOWER OIL”、「ローマカミツレ花油」、花

 

カモミール・ジャーマン、(Chamomilla recutita)、”CHAMOMILLA RECUTITA (MATRICARIA) FLOWER OIL”、「カミツレ花油」、花

 

カモミール・ジャーマン、(Chamomilla recutita)、”CHAMOMILLA RECUTITA (MATRICARIA) FLOWER OIL”、「カミツレ油」、花

 

コリアンダー、(Coriandrum sativum)、”CORIANDRUM SATIVUM (CORIANDER) FRUIT OIL”、「コリアンダー果実油」、果実

 

ボアドローズ、(Aniba rosaeodora)、”ANIBA ROSAEODORA (ROSEWOOD) WOOD OIL”、「ローズウッド木油」、木部

 

ボアドローズ、(Aniba rosaeodora)、”ANIBA ROSAEODORA (ROSEWOOD) WOOD OIL”、「ローズウッド油」、木部

 

タイム、(Thymus vulgaris)、”THYMUS VULGARIS (THYME) FLOWER/LEAF OIL”、「タチジャコウソウ花/葉油」、花及び葉

 

タイム、(Thymus vulgaris)、”THYMUS VULGARIS (THYME) OIL”、「タチジャコウソウ油」、葉及び花

 

タイム、(Thymus vulgaris)、”THYMUS VULGARIS (THYME) OIL”、「タチジャコウソウ油」、全草

 

【スパイシー】

クローブ バッド、(Eugenia caryophyllus)、”EUGENIA CARYOPHYLLUS (CLOVE) FLOWER OIL”、「チョウジ花油」、つぼみ

 

クローブ リーフ、(Eugenia caryophyllus)、”EUGENIA CARYOPHYLLUS (CLOVE) LEAF OIL”、「チョウジ葉油」、葉

 

クローブ、(Eugenia caryophyllus)、「チョウジ油」、つぼみまたは葉

 

ローレル、(Laurus nobilis)、”LAURUS NOBILIS OIL”、「ローレル油」

 

ゲッケイジュ、(Laurus nobilis)、”LAURUS NOBILIS FRUIT OIL”、「ゲッケイジュ果実油」、果実

 

シナモン バーク、(Cinnamomum zeylanicum)、「ケイヒ油」、樹皮

 

カシア、(Cinnamomum cassia)、「ケイヒ油」、葉、小枝、樹皮

 

ブラック ペッパー、(Piper nigrum)、”PIPER NIGRUM (BLACK PEPPER) FRUIT OIL”、「コショウ果実油」、果実

 

ナツメグ、(Myristica fragrans)、”MYRISTICA FRAGRANS (NUTMEG) KERNEL OIL”、「ニクズク核油」、核

 

ジンジャー、(Zingiber Officinale)、”ZINGIBER OFFICINALE (GINGER) ROOT OIL”、「ショウガ根油」、根

 

カルダモン、(Elettaria cardamomum)、”ELETTARIA CARDAMOMUM SEED OIL”、「ショウズク種子油」、種子

 

クミン、(Cuminum cyminum)、”CUMINUM CYMINUM (CUMIN) SEED OIL”、「クミン種子油」、種子

 

パセリ シード、(Carum petroselinum)、”CARUM PETROSELINUM (PARSLEY) SEED OIL”、「パセリ種子油」、種子

 

【フローラル】

ローズ、(Rosa spp.)、”ROSE FLOWER OIL”、「ローズ油」、花

 

ローズ・ガリカ、(Rosa gallica)、”ROSA GALLICA FLOWER OIL”、「ガリカバラ花油」、花

 

ローズ・センチフォリア、(Rosa centifolia)、”ROSA CENTIFOLIA FLOWER OIL”、「センチフォリアバラ花油」、花

 

ローズ・センチフォリア、(Rosa centifolia)、”ROSA CENTIFOLIA FLOWER EXTRACT”、「センチフォリアバラ花エキス」、花

 

ローズ・ダマスク、(Rosa damascena)、”ROSA DAMASCENA FLOWER OIL”、「ダマスクバラ花油」、花

 

ローズ・ダマスク、(Rosa damascena)、”ROSA DAMASCENA FLOWER EXTRACT”、「ダマスクバラ花エキス」、花

 

ゼラニウム、(Pelargonium graveolens)、”PELARGONIUM GRAVEOLENS FLOWER OIL”、「ゼラニウム油」、花

 

ゼラニウム、(Pelargonium graveolens)、”PELARGONIUM GRAVEOLENS FLOWER OIL”、「ニオイテンジクアオイ花油」、花

 

ゼラニウム、(Pelargonium graveolens)、”PELARGONIUM GRAVEOLENS OIL”、「ニオイテンジクアオイ油」、全草

 

パルマローザ、(Cymbopogon martini)、”CYMBOPOGON MARTINI OIL”、「パルマローザ油」

 

ジャスミン、(Jasminum officinale)、”JASMINUM OFFICINALE (JASMINE) OIL”、「ジャスミン油」、

 

ジャスミン、(Jasminum officinale)、”JASMINUM OFFICINALE (JASMINE) FLOWER EXTRACT”、「ソケイ花エキス」、花

 

ジャスミン・サンバック、(Jasminum sambac)、”JASMINUM SAMBAC (JASMINE) FLOWER EXTRACT”、「マツリカ花エキス」、花

 

イランイラン、(Cananga odorata)、”CANANGA ODORATA FLOWER OIL”、「イランイラン花油」、花

 

イランイラン、(Cananga odorata)、”CANANGA ODORATA FLOWER OIL”、「イランイラン油」、花

 

ガーデニア、(Gardenia jasminoides)、”GARDENIA FLORIDA OIL”、「クチナシ油」

 

カーネーション、(Dianthus caryophyllus)、”DIANTHUS CARYOPHYLLUS FLOWER EXTRACT”、「カーネーション花エキス」、花

 

カーネーション、(Dianthus caryophyllus)、”DIANTHUS CARYOPHYLLUS FLOWER OIL”、「カーネーション花油」、花

 

ユリ、(Lilium speciosum)、”LILIUM SPECIOSUM FLOWER OIL”、「カノコユリ花油」、花

 

ヒアシンス、(Hyacinthus orientalis)、”HYACINTHUS ORIENTALIS (HYACINTH) FLOWER EXTRACT”、「ヒアシンス花エキス」、花

 

オレンジフラワー、(Citrus aurantium amara)、”CITRUS AURANTIUM AMARA (BITTER ORANGE) FLOWER EXTRACT”、「ビターオレンジ花エキス」、花

 

ネロリ、(Citrus aurantium amara)、”CITRUS AURANTIUM AMARA (BITTER ORANGE) FLOWER OIL”、「ビターオレンジ花油」、花

 

ミモザ、(Acacia dealbata)、”ACACIA DEALBATA FLOWER EXTRACT”、「ミモザアカシア花エキス」、花

 

カッシー、(Acacia farnesiana)、”ACACIA FARNESIANA EXTRACT”、「スイートアカシアエキス」、花および茎

 

イモーテル、(Helichrysum italicum)、”HELICHRYSUM ITALICUM FLOWER OIL”、「ヘリクリスムイタリクム花油」、花

 

ジョンキル、(Narcissus jonquilla)、”NARCISSUS JONQUILLA EXTRACT”、「キズイセンエキス」、全草

 

オリス、(Iris germanica)、”IRIS GERMANICA ROOT EXTRACT”、「ドイツアヤメ根エキス」、根

 

オリス、(Iris pallida)、”IRIS PALLIDA ROOT EXTRACT”、「イリスパリダ根エキス」、根

 

【ウッディ】

パチュリ、(Pogostemon cablin)、”POGOSTEMON CABLIN OIL”、「パチョリ油」

 

ヴェチバー、(Vetiveria zizanoides)、”VETIVERIA ZIZANOIDES ROOT OIL”、「ベチベル根油」、根

 

サンダルウッド、(Santalum album)、”SANTALUM ALBUM (SANDALWOOD) OIL”、「ビャクダン油」、心材

 

セダーウッド(ヴァージニア)、(Juniperus virginiana)、”JUNIPERUS VIRGINIANA OIL”、「エンピツビャクシン油」

 

セダーウッド(アトラス)、(Cedrus atlantica)、”CEDRUS ATLANTICA (CEDARWOOD) BARK OIL”、「アトラスシーダー樹皮油」、樹皮

 

グアイアックウッド、(Guaiacum officinale)、「ユソウボク油」、木部

 

ヒバ、(Thujopsis dolabrata)、「ヒバ油」、木部

 

ニオイヒバ、(Thuja occidentalis)、”THUJA OCCIDENTALIS LEAF OIL”、「ニオイヒバ葉油」、葉および小枝

 

ヒノキ、(Chamaecyparis obtusa)、”CHAMAECYPARIS OBTUSA OIL”、「ヒノキ油」

 

【モッシィ】

オークモス、(Evernia prunastri)、”EVERNIA PRUNASTRI (OAKMOSS) EXTRACT”、「ツノマタゴケエキス」

 

ツリーモス、(Evernia frufuracea)、”EVERNIA FURFURACEA (TREEMOSS) EXTRACT”、「エベルニアフルフラセアエキス」

 

【バルサミック】

ベンゾイン、(Styrax tonkinensis)、”STYRAX TONKINENSIS RESIN EXTRACT”、「シャムアンソクコウノキ樹脂エキス」、樹脂

 

ペルーバルサム、(Myroxylon pereirae)、”MYROXYLON PEREIRAE (BALSAM PERU) OIL”、「ペルーバルサム油」

 

トンカビーンズ、(Dipteryx odorata)、”DIPTERYX ODORATA SEED EXTRACT”、「ジプテリクスオドラタ種子エキス」、種子

 

バニラ、(Vanilla planifolia)、”VANILLA PLANIFOLIA FRUIT EXTRACT”、「バニラ果実エキス」、果実

 

オリバナム、(Boswellia carterii)、”BOSWELLIA CARTERII OIL”、「ニュウコウジュ油」

 

スチラックス、(Liquidambar styraciflua)、”LIQUIDAMBAR STYRACIFLUA OIL”、「モミジバフウ油」

 

ミルラ、(Commiphora myrrha)、”COMMIPHORA MYRRHA OIL”、「モツヤクジュ油」

 

ラブダナム、(Cistus Ladaniferus)、”CISTUS LADANIFERUS OIL”、「ラブダナム油」

溶剤

固形や半固形の香料を溶解したり、強度の強い香料を薄めたりして使いやすくするための液体の溶剤。

 

PG (プロピレングリコール) 食品用香料に良く使用される多価アルコール系の溶剤

 

BG (ブチレングリコール) 香料の他、植物エキスなどの抽出物にも良く使用される多価アルコール系の溶剤

 

DPG (ジプロピレングリコール) 香料に良く使用される多価アルコール系の溶剤

 

TEC (トリエチルシトレイト/クエン酸トリエチル) 香料に使用されるエステル系の溶剤

 

BB (ベンジルベンゾエイト/安息香酸ベンジル) 香料に使用されるエステル系の溶剤 少し苦いような匂いがある

バルブアトマイザー

堅苦しい呼び方ですが、写真の様に昔風の風船みたいなバルブがついたアトマイザーの事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

EU化粧品指令 表示義務香料26種

EU (欧州連合)の化粧品指令では26種の香料についてアレルギー物質としてラベル表示を義務付けています。

 

製品中に使用される原料のトータル量で、肌に残る製品中に0.001%、洗い流す製品中に0.01%を超えた場合に表示する義務があります。逆にこの量以下であれば、配合されていても表示されない事があります。

※日本ではまだ義務付けされていません

 

リストA:アレルゲンとして良く報告されている香料13種

AMYL CINNAMAL (アミルケイヒアルデヒド)

AMYLCINNAMYL ALCOHOL (アミルシンナミルアルコール)

BENZYL ALCOHOL (ベンジルアルコール)

BENZYL SALICYLATE (サリチル酸ベンジル)

CINNAMYL ALCOHOL (ケイヒアルコール)

CINNAMAL (ケイヒアルデヒド)

CITRAL (シトラール)

COUMARIN (クマリン)

EUGENOL (オイゲノール)

GERANIOL (ゲラニオール)

HYDROXYCITRONELLAL (ヒドロキシシトロネラール)

HYDROXYISOHEXYL 3-CYCLOHEXENE CARBOXALDEHYDE (ヒドロキシイソヘキシル3-シクロヘキセンカルボキサルデヒド)

ISOEUGENOL (イソオイゲノール)

 

リストB:List Aの香料ほどアレルゲンとしての報告や裏付けがない香料11種

ANISE ALCOHOL (アニスアルコール)

BENZYL BENZOATE (安息香酸ベンジル)

BENZYL CINNAMATE (ケイヒ酸ベンジル)

CITRONELLOL (シトロネロール)

FARNESOL (ファルネソール)

LIMONENE (リモネン)

LINALOOL (リナロール)

METHYL 2-OCTYNOATE (2-オクチン酸メチル)

ALPHA-ISOMETHYL IONONE (α-イソメチルイオノン)

 

さらに2つの香料

EVERNIA PRUNASTRI (OAKMOSS) EXTRACT (ツノマタゴケエキス)

EVERNIA FURFURACEA (TREEMOSS) EXTRACT (エベルニアフルフラセアエキス)

 

※INCI名 (表示名称)

アコード (調和)

2種類以上の香料同士の香りの調和の事です。

 

初めは2種類の香料を8:2、6:4の様な比率で混ぜた物を嗅ぎ、香りのバランスを覚えていきます。

やがて、慣れてきたら3種類の香料を比率別に混ぜて、同様に香りのバランスを見ます。

これを繰り返して身体に覚えさせていきます。

 

調香を学ぶ上で、それぞれの素材の香りを覚える事が大事ですが、合わせてアコードを学ぶことも重要です。

 

このアコードが調香の基礎となります。香りのクリエーションはこのアコードの積み重ねです。

 

Jean Carles氏 (ジャン・カール:Parfums Christian Dior社のMiss Diorの原型を作った偉大な調香師と呼ばれる方の一人)が、まとめ上げた手順が今でもアコード学習のベースとなっています。

ムエット (匂い紙)

匂い紙、ブロッターなどとも呼ばれる、香料や香水などをつけて香りを評価する為の紙です。


形、サイズなど様々で、香料の評価をする場合は、幅6mm程度の短冊状の物やその先端が尖っている物などが多いです。

店頭で香水を吹きかける渡されるものは、ブランド名やその香水に関連したデザインが施されておりプロモーションも兼ねています。


驚く事に、この手の手法は100年以上前から用いられており、デザインのクオリティも素晴らしい物が多数ありました。

賦香

香料を製品基材に付ける事です。基材は化粧水やクリーム、シャンプーやボディソープ、芳香剤やルームスプレーなど多岐に渡り、それぞれ香り立ちや安定性が異なるため、実際の基材に付けて評価する必要があります。


例えば水ベースの化粧水に付けて良い香りが、水と油を乳化させた基材その物の匂いを持つクリームと同じ香りで良いとは言えません。


また芳香剤であれば化粧品用の香料とは違い、香料の価格が安くて、配合量が少なくてもパワフルに香る設計が必要となります。

そして、香料を製品基材にどれだけ付けるかのパーセンテージを賦香率といいます。

 

調合した香料はそれぞれ強さが異なるため同じ基材でも香料が変われば賦香率も変わる可能性があります。

ファインフレグランス

香水やオードトワレ、コロンなどの事です。香料にかけられるコストは他の製品群より高く、基材との相性による制限が少ない為(安全性や安定性の制限はもちろんあります)、創造力に富んだ創作が可能です。

コスメティック

スキンケアやメイクアップなど顔に使用する化粧品の事です。賦香率は他の製品群と比べて低いです。


化粧水とクリーム、粉物など、それぞれの剤形により香り立ちが変わるので、香料と基材の相性を考えなければなりません。


肌への安全性をアピールする手段として無香料タイプも存在しています。近年のナチュラル志向により天然香料だけを用いたオーガニックコスメなども販売されています。

1 / 3123