• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの表現集

ヘディオン

香水の香調説明にヘディオンという言葉が出てくることがあります。「Hedione (ヘディオン)」は「Methyl dihydrojasmonate (メチル ディハイドロジャスモネイト)」という合成香料のFirmenich社の商標で、この商標が有名なためそのまま使われていることがあります。

 

単体では花の生っぽいような、頼りなくとらえどころのない香りがするのですが、他の香料と組み合わせることで、その香りに活き活きとした生命力を与えるような役割を果たします。

スウィート

甘い香りのことです。甘いという言葉には花の甘さもありますし、フルーツの甘さもあります。さらにはお菓子のような甘さもあり、非常に使いやすい言葉ですが「甘い」とか「スウィート」だけではイメージが定まりません。

 

同じ花の甘さでも、「ガーデニアのような甘さ」や「金木犀のような甘さ」のように、より具体的な香りを添えることで、より伝えたいことを表現できるようになります。

アンバリー

アンバーの香りのことですが、バニラやバルサムを組み合わせた濃厚なオリエンタル調のアンバーと、かつてマッコウクジラから採られていた天然のアンバーグリスの香気成分アンブロキサンのような透明感のあるもったりした香りがあり、アンバーという言葉だけではどちらの香りかわかりにくいものがあります。

ムスキー

ムスクの香りの事です。昔は天然のムスク麝香が使われていましたが、今では動物保護の観点から天然ムスクは使われていないため、化学合成で作られたホワイトムスクのマイルドで温かみのあるの香りのことを指します。

フルーティ

フルーツの香りのことです。一般的にはオレンジやグレープフルーツなどのシトラス(柑橘)はフルーツですが、香りの世界では柑橘類はシトラスに分類されフルーティとは言いません。ピーチやメロン、ラズベリー、アップル、洋梨などなど柑橘類以外の果物のことを言います。

ウッディ

木の香りの事です。シダーウッドのように、いかにもな木の香りもあれば、サンダルウッドのように官能的な温かさを感じる木の香りもあります。

 

合成香料ではIonone (イオノン)のように、脂っぽさとヴァイオレットのような甘さを持つ香りもありますし、Iso E Super (イソイースーパー)のようにクリアな木の香りもあります。

アクアティック

水を感じるようなフレッシュな香りの事です。

アーシー

土臭い香りの事です。パチュリやヴェチバーの様な香りが一例です。

アニマリック

動物的な香りの事です。獣臭さやシパシパと痺れる様な香りがあります。

アルデハイディック

アルデヒドと呼ばれる短鎖脂肪族アルデハイドの香りの事です。CHANEL社のN°5が代表的なアルデハイドノートでトップからふんわりとした女性らしい印象を与えます。

 

女性用香水に使われる事が多いですが、同じくCHANEL社のALLURE HOMME SPORTSは男性用でアルデハイドノートが使われている香水です。

アロマティック

アニスやニガヨモギやカモミールの様なハーバルとはちょっと趣の異なる、独特の風味を持つハーブ&スパイスの香りの事です。

ウォータリー

水を感じる様な、うるおいある香りの事です。

グリーン

青臭い葉っぱのグリーン、未熟な果実のグリーン、花の甘さが出る手前のグリーンなどいろいろヴァリエーションのある香りの表現です。

グルマン

チョコレートやお菓子系の甘さに特徴を置いた、スウィートな香りに使用する表現です。

シトラス

レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類の香りの事です。生食には向きませんが香りの世界で良く使われるシトラスにベルガモットがあります。

 

変調剤としてライムやマンダリン、ユズなども用いられます。

シャープ

鋭い香りの事です。例えば同じウッディでもパチョリはヴェチバーよりシャープに香ります。

スパイシー

ペッパーやクローブ、クミン、シナモン、ジンジャーなどのいわゆる香辛料(スパイス)系の香りです。上質なファインフレグランスには欠かせない変調剤です。

ハーバル

ラベンダーやローズマリーやセージなどハーブ様の香りの事で、エッセンシャルオイルのブレンドに良く見られる香りです。

ハイトーン

頭のてっぺんで感じる様な、音に例えれば高音が響く様な香りの事です。

パウダリー

粉っぽい香り、またはおしろいっぽい香りの事です。日本人はの嗜好性は高い様です。

1 / 212