• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの植物図鑑

ゼラニウム

geranium2picture街中で良く見かける植物「ゼラニウム」です。

 

この植物には沢山の種類があり、種類によって香りも異なる様で、ローズ様の香りの他、アーモンドやアップル様の香りを持つ種もあるそうです。

 

香りの世界で一般的なゼラニウムはPelargonium graveolensと言われる種のもので、フレッシュなローズ様の香りがします。(葉っぱの裏を触った指を嗅ぐと香りがします。)

 

昔はレユニオン島のゼラニウムの評価が高かったそうですが、今ではレユニオン産の香料をみかけることはなく、モロッコ、中国、エジプト産などの香料が使われています。

 

アロマセラピーではそこそこ安価でローズ調の香りがするということで良く用いられており、精油は多くのアロマショップで販売されています。

ガーデニア

夏に咲く白い花「ガーデニア」です。日本ではクチナシと呼ばれています。

 

ガーデニアはかなり強く甘い香りを放っていて、記憶に残る夏の花の香りです。

 

昔はアブソリュートが採られた事もあったようですが、現在ではほとんど使われておらず、調合香料で再現または再構築された香りが使われています。

 

調合香調では甘さとフルーティグリーンノートを効かせた特徴的な香りで表現されます。

 

ガーデニアの特徴的な香りはアディクティブで、その名が冠された香水もいくつか販売されています。

タイサンボク

とても背の高い木に咲く「タイサンボク」です。「サザンマグノリア (Magnolia grandiflora)」とも呼ばれます。

タイサンボクは比較的強い香りを持っています。

 

ショウガのような少し温かみのあるような香りです。

 

背の高い木なので、直接花を嗅ぐ事は難しいですが、少し離れていても香りが感じられます。

 

アークテンダー氏の著書では、とても繊細な甘い香りでローズ、ヴァイオレット、オレンジフラワー、ロサ・カニーナ(ローズヒップ)、ドッグローズやヒップローズの香りが感じられるとの事

 

Magnolia grandifloraの種については昔香料の採取をしていたようですが、現在は市場に出ていないようです。

現在主に香料を採取するマグノリアは「ギンコウボク またはホワイトチャンパカ(Magnolia alba またはMichelia alba)」という別の植物です。

マグノリアとは別にチャンパカの天然香料もあり「キンコウボクまたはチャンパカ (Magnolia champaca またはMichelia champaca)」という植物から得られます。

また「コブシ (Magnolia kobus)」も同じモクレン属で、花はフルーティで良い香りがしますが、こちらの香料は採取されていないようです。

ハナショウブ

初夏の水辺に咲くアヤメ「ハナショウブ」です。

ハナショウブから香料は採られませんが、同属の「ジャーマンアイリス (Iris germanica)」や「ダルマチアンアイリス (Iris pallida)」の根茎からは香料を得る事が出来ます。(花からは香料を採りません)

手作業で掘り起こした根茎を2~3年程乾燥熟成させた後、粉砕して蒸留します。

この2~3年間の乾燥熟成期間はアイリスを特徴的な香りへと変換するための重要な工程なのですが、とても経済的とは言えない為、残念ながら生産農家は減少しているようです。

咲いている花と根茎から得られる香料は全く異なる香りがします。種類にもよりますが花はシトラス調の爽やかさとフィナンシェの様な甘さを持っています。ほとんど香りのない花もあります。香料はパウダリーでバラやジャスミンとは異なり、静かで官能的な甘さがあります。

アイリスの香りを楽しめる香水としてはCHANEL社のN°19が代表的です(トップノートはアイリスよりガルバナムのグリーンノートが強いですが)。男性用ではParfums Christian Dior社のDior hommeがあります。花の香りを楽しめる香水はHermès社のIRIS UKIYOÉがあります。

フリージア

切り花で良く販売されている花「フリージア」です。直植えすると写真の様に群生するようです。

一輪挿しに生けておくと爽やかな甘さにも関わらず、クセになる様な魅惑的な香りがお部屋に広がります。

花の色は黄色だけでなく紫や白や赤っぽい色があります。

とても良い香りなのですが、フリージアの天然香料はありません。

フリージアの香りを楽しめる香水としてはGUCCI社のRUSH(ラッシュ)があります。フリージアを特徴としながらもヴァニラやパチョリの香りと合わさったシプレー調で情熱的な香りを放ちます。

 

フリージアのシングルフローラルに近い香水はAntonia’s Flowers社のAntonia’s Flowers Eau de Toiletteです。ダイレクトなフリージアの香りを感じたい方にオススメです。

3 / 512345