• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの植物図鑑

■オレンジフラワー(ネロリ)

オレンジフラワー(ネロリ)

orangeflower2016pictureオレンジに咲く花「オレンジフラワー」です。

 

 

白く可憐な花をつけます。

 

 

日本ではあまり一般的ではないですが、フランスではもっと身近な香りの様です。

 

 

以前フランスのお土産でオレンジフラワーの香りづけがされたパンを頂いたことがあります。

 

 

ビターオレンジの花からは精油が得られますが、抽出方法により別物に区別されます。

 

 

溶剤抽出されたものはオレンジフラワー アブソリュートと呼ばれ、重たい甘さと酸味を持った香りです。

 

 

水蒸気蒸留で抽出されたものはネロリと呼ばれ、こちらはフレッシュで青味がかった甘さを持つ香りです。

 

 

ローズもそうですが、同じ花から抽出されたものでも、このように抽出方法により香りはかなり変わります。

 

 

ネロリの香料は非常に高価ですが、その香りは同じビターオレンジの枝葉から水蒸気蒸留され、かなり安価なプチグレインと共通する部分があるため、ネロリ調の調香をする際にプチグレインがよく使用されます。

 

 

 

水蒸気蒸留で得られるネロリの香りを楽しめる香水は、Bonpoint社のボンポワン オードトワレです。Bonpoint社の創設者の妹であるAnnick Goutalさんが作った香りで、彼女のテイストである自然な香りを活かした調香となっています。

 

 

 

溶剤抽出で得られるオレンジフラワー アブソリュートの香りを楽しめる香水は、Guerlain社のHabit Rouge (アビ ルージュ)です。男性用の香水なのでオレンジフラワーとレザーノートが組み合わさった渋い香りとなっています。私的な印象ですと、重厚なアンティークのインテリアで整えられた偉い人の部屋に漂ってそうな香りです。