• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの植物図鑑

■シナモンとカシア

シナモンとカシア

cinnamoncassiapictureスパイスとしておなじみの「シナモン(セイロンニッケイ)」、そしてシナモンとして販売されることもある「カシア(シナニッケイ)」です。

 

 

どちらも同じニッケイ属(Cinnamomum)で、スリランカで採られるシナモン、セイロンニッケイ(Cinnamomum zeylanicum)は、最も上質で優れているといわれており、対して中国で採られカシアと呼ばれる種、シナニッケイ(Cinnamomum cassia)は、やや黴臭さがあり品質が劣るといわれています。

 

 

写真の左はカシア(色が濃く、樹皮に厚みがある)で、右がシナモン(色が薄く、樹皮は薄い)です。触れた感じはカシアは枝のような硬さがあり、シナモンは薄くカサカサした印象です。

 

 

実際にそれぞれのスティック嗅ぎ比べると、スリランカ産のシナモンはカレーや医薬品を思わせるピリピリとしたスパイシーな香気で、カシアは甘いシナモンロールやアップルパイの香りがします。

 

 

水蒸気蒸留で抽出された香料を嗅ぎ比べると、スリランカ産シナモンバークはシナモンの特徴的な甘さとスパイスらしい辛みが感じられ、カシアはシンナミックアルデハイドやベンズアルデハイドといった甘みとややバルサミックな香気がありますが、ほとんどスパイシーさは感じられません。カシアはややしっとりとした雰囲気があり、これが文献に見られる黴臭さなのかもしれないと思いました。

 

 

ちなみに、シナモンバークはセイロンニッケイの樹皮を砕いて抽出されるのに対し、カシアはシナニッケイの葉や枝、茎の他、樹皮のカスから蒸留されます。

 

 

そしてシナモンとカシア両方とも、よく製造段階から偽和されるそうで、ピュアな香料はなかなか手に入らないようです。シナモンバークは現地で蒸留されたものより、樹皮を欧米に運んで蒸留されたものの方が高品質といわれています。

 

 

シナモンが使われている香水はSerge Lutens社のFeminite du Bois(フェミニテ ドュ ボワ)です。クリストファー・シェルドレイク氏とピエール・ブルドン氏によるオリジナルは以前資生堂ブランドで出ていました。とはいえSerge Lutens社も資生堂社のブランドの一つですが。

 

 

やがてブルドン氏はDior社のDolce Vita(ドルチェ ヴィータ)で、スパイシーウッディな似たような雰囲気の香水を作っており、こちらにもシナモンが使われています。