• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの植物図鑑

■カッシー

カッシー

cassiepicture見た目はミモザと似ていて、名前はカシアに似ている、なんとも紛らわしい花「カッシー」です。

 

 

しかも同じカッシーと呼ばれるものでも、香気の優れたAcacia farnesiana(アンシャン カッシー)と、香気の劣るAcacia carvenia(ロマーヌ カッシー)の2種があるという面倒臭さです。(写真はアンシャン カッシー)

 

 

和名は金色の合歓木(ネムノキ)を意味する、キンゴウカン(金合歓)といいます。(写真の花は白いですが、もっと黄色くなるようです)

 

 

街中でお目にかかった事は無く、東京都薬用植物園の温室で育てられていました。

 

 

香りはミモザに近いヴァイオレットノート(キュウリのような青臭さがあるという事)です。パンジーっぽくも感じられます。甘さはAnis aldehydeの甘さです。カッシーのアブソリュートはミモザのアブソリュートで偽和されるという理由もよくわかります。ミモザの花よりもカッシーの花の方が、ヴァイオレットノートと甘さともによく香っていました。

 

 

カッシーの花から得られるアブソリュートもミモザアブソリュートに近い雰囲気があります。大きな違いは湿布のようなスーッとした香りのメチルサリシレートが感じられる点です。ローズアブソリュートにも合いそうですが、ジャスミンにも合いそうな抹茶のようなふわっとした甘さも感じられます。

 

 

カッシーの香りが使われている香水はGuerlain社のAprès Londée(アプレロンデ)です。CHANEL社のN°5にも使われていますが、ローズとジャスミンをつなぐ香りとして機能しているのかと推測しています。