• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの植物図鑑

■ミモザ

ミモザ

mimosa2016picture (2)鮮やかな黄色が印象的な花「ミモザ」です。葉はオジギソウの様に羽状になっています。

この植物の分類はとても紛らわしく「フサアカシア (Acacia decurrens)」と呼ばれていますが、一般的にアカシアと呼ばれている(アカシア蜂蜜など)白い花の植物「ニセアカシア (Robinia pseudoacacia)」とは別物です。

さらに見た目は、同じく黄色い花で羽状の葉を持つ「ギンヨウアカシア (Acacia baileyana)」と似ています。(ギンヨウアカシアの葉は少しシルバーを帯びていてフサアカシアより短い)

そして「オジギソウ (Mimosa pudica)」の学名にミモザが使われています。

この「フサアカシア」からはミモザ アブソリュートが香料素材として抽出されますが、同カテゴリーにはカッシー アブソリュートという香料もあります。カッシー アブソリュートは「キンゴウカン (Acacia farnesiana)」という植物から得られます。

 

ミモザ アブソリュートの香りは少しきゅうりの様な雰囲気を持つ甘い香りです。ミモザの香りを創作する際は甘さとパウダリーさを特徴として作ります。

 

フサアカシアの花の香りはそれほど強くなく(南仏に咲くミモザは強い香りらしいですが)、花を直接嗅がないと香りがわかりません。その香りはヴァイオレットの様なグリーン感(わかりやすく言うとキュウリっぽい青臭さ)と杏仁豆腐の甘さを和らげたような、かすかに温かみのある香りです。この杏仁豆腐のような香りはAnis aldehyde (アニス アルデヒド)という香気成分によるもので、ミモザノートの調香にもキーとして使用されます。この香気成分はアニス アルデヒドという名前ですが、アニス(セイヨウウイキョウ)のような香りではなく、杏仁豆腐のような香りがします。

 

ギンヨウアカシアは見た目はそっくりですが、こちらは香りがありません。


ミモザの香りを楽しめる香水としてはGuerlain社のChamps-Elysées(シャンゼリゼ)があります。