• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りの植物図鑑

■タイサンボク

タイサンボク

とても背の高い木に咲く「タイサンボク」です。「サザンマグノリア (Magnolia grandiflora)」とも呼ばれます。

タイサンボクは比較的強い香りを持っています。

 

ショウガのような少し温かみのあるような香りです。

 

背の高い木なので、直接花を嗅ぐ事は難しいですが、少し離れていても香りが感じられます。

 

アークテンダー氏の著書では、とても繊細な甘い香りでローズ、ヴァイオレット、オレンジフラワー、ロサ・カニーナ(ローズヒップ)、ドッグローズやヒップローズの香りが感じられるとの事

 

Magnolia grandifloraの種については昔香料の採取をしていたようですが、現在は市場に出ていないようです。

現在主に香料を採取するマグノリアは「ギンコウボク またはホワイトチャンパカ(Magnolia alba またはMichelia alba)」という別の植物です。

マグノリアとは別にチャンパカの天然香料もあり「キンコウボクまたはチャンパカ (Magnolia champaca またはMichelia champaca)」という植物から得られます。

また「コブシ (Magnolia kobus)」も同じモクレン属で、花はフルーティで良い香りがしますが、こちらの香料は採取されていないようです。