• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りのエッセイ

第六話 香りと文学

 文学の中で表現される香りの世界

 

【エミール・ゾラとは】
香りは文字から嗅ぎ取る事は出来ませんが、文学作品にも香りが印象的に使用されている場面があります。今回のエッセーではそのような香りが印象的な作品をご紹介したいと思います。フランスの作家エミール・ゾラによる花々の饗宴「ムーレ神父のあやまち」です。

エミール・ゾラは高校の世界史に名前が出てくる19世紀末に活躍した作家で「居酒屋」や「ナナ」等の代表作があります。

ゾラはフランスの第二帝政時代(1852~1870年 ナポレオン三世が皇帝。オスマン大改造により不衛生で入り組んだパリの道が整備され、現在の美しい町並みに作り変えられた時代。)を、一つの家族を通して社会史の物語として全20巻からなる「ルーゴン=マッカール叢書」を書きました。

「居酒屋」、「ナナ」の代表作や今回ご紹介する「ムーレ神父のあやまち」もこの「ルーゴン=マッカール叢書」の20作品の中に収載されています。

 

【ルーゴン=マッカール叢書とは】
叢書(そうしょ)とはシリーズの意味で、精神障害を持つ一人の女性を始祖とするルーゴン家、ムーレ家、マッカール家のファミリーの一員がそれぞれの作品の主人公となっている物語です(ムーレ家はマッカール家から分かれているのでタイトルには含まれていません)。これらの作品は一つ一つが独立しているので、一巻、二巻と順番に読む必要はありません。

ルーゴン家は大臣や投資家、医者などがいて、ムーレ家は百貨店社長、神父など、マッカール家は芸術家、娼婦、炭鉱夫、洗濯女など階級を超えた様々な職業が登場して当時の社会が様々な角度から描写されています。

また、複数作品に登場する人物もいます。たとえばマッカール家のエチエンヌ・ランチエは「居酒屋」で小さい子供だったのが、時を経て「ジェルミナール」ではストライキを扇動する炭鉱夫になっていて「あの子供だったエチエンヌが大きくなって!」といった感があります。

ゾラは「遺伝には重力と同様に法則がある」と語り、ルーゴン=マッカール家32人それぞれの遺伝的特徴と行く末が書かれたルーゴン=マッカール家系樹にその世界観を凝縮させています。

私はこのような壮大なシリーズであるとは知らず、第11巻の「ボヌール・デ・ダム百貨店」を手に取り、読み終わった後に叢書の一部である事を知り「この重量感ある物語が20巻の中のたった一つだったなんて…。」と圧倒されました。そして家系樹を見たときの衝撃は、まさに一つの世界に入り込んだような感覚でした。(家系樹が掲載されている書籍は、下記の参考文献をご参照ください。)

この叢書、日本では藤原書店さんと論創社さんを中心に、2000年代に全巻翻訳されています。

 

【文豪による香りの表現】
さて前置きが長くなりましたが、この「ムーレ神父のあやまち」は、前述のムーレ家に属する神父セルジュ・ムーレが主人公の物語です。

代々受け継がれている精神障害を持つ神父が狂信的な信仰の末、熱病で倒れ、村の外れパラドゥーと呼ばれる外壁で隔離された広大な庭園に運ばれる。そのパラドゥーで看病してくれたアルビーヌという少女に導かれパラドゥーの楽園的自然に魅了されていく。その先に待ち受ける二人の運命は…。

ざっとこのようなあらすじなのですが、人間、動物、植物が生と死のテーマの下、強烈なコントラストで描かれます。3部構成のうち第2部がパラドゥーでの出来事に充てられており、この中の自然描写にともなう香りの表現が魅力的です。

 

 

「太陽がだんだんとのぼり、木々の高い梢からもれる光が、より熱くなってきた。黄、白、赤、色とりどりのバラの花たちは、よろこびに輝き、微笑を交わしていた。ふたりのまわりで、つぼみもいっせいに開きはじめた。花々はふたりを冠で飾り、腰に花輪を投げかけた。そして二人の吐息かと思えるほど、甘くうっとりした香りを発散していた。」(1)

 

 

病床から体調が徐々に回復していきパラドゥーを散策し始めた頃の文章です。これはまだ序の口でその後、奥へ進むほど様々な香りを持つ花が次々と登場します。バラ、カーネーション、ジャスミン、モクセイソウ、スミレ、クルマバソウ、ヒヤシンス、チュベロース、ヘリオトロープ、スイカズラ、クマツヅラなどなど…。その中から特徴的な一文をご紹介。

 

 

「甘美なスイカズラ、麝香の匂いのするスミレ、さわやかな接吻の香りを発散するクマツヅラ、悶絶しそうな強烈な逸楽の香りをむんむんさせているチュベロースなどなど。」(2)

 

 

また、別の個所でチュベロースはヒヤシンスと共に「みずからの匂いに窒息しそうになっている」と表現されています。何とも面白い表現ですね。これほどの種類の花々が香りを含め登場する物語を今まで私は読んだ事がありません。また、花だけでなくハーブも出てきます。

 

 

「つづいて、タイム、セージ、ラベンダーなど、さまざまの香草の群生、それから、荒々しいネズの木の繁み、さらに強い香りを発散するローズマリーも目にとまる。ローズマリーのあまりに強烈匂いには、ふたりはすっかり酔っぱらってしまうのだった。」(3)

 

 

さらに、良い香りだけでなくいやな香りも。

 

 

「そして、もはやうっとりと酔わせてくれるタイムやラベンダーなどの香草はなく、強烈な刺激臭のあるニガヨモギとか、ひどい体臭に似た匂いのするヘンルーダ、悩ましげな粘液に濡れているカノコソウなど、毒々しい植物がふたりを打ちのめした。」(4)

 

 

その他、ケシの花は「死臭」、キンセンカは「腐臭」などとも…。これらは実際に嗅いだ事が無いので何とも言えませんが、個人的には天然香料では鼻の奥に残る様な強烈な刺激臭を持つヴァレリアンやスパイシーな体臭を想起させるクミン。合成香料では、出来そこないの石けんの様な香りのAldehyde C-6(フレーバーで使用)、身体が拒否反応を起こしてしまう様なケミカルな印象のグリーンノートcis-3-hexenyl acetate(トップノートに使用)などが苦手な香りです。
もちろん個人差があるので、「変わった匂いだけどそこまで言うほど酷い香りでは無い」という人もいます。

 

やがてパラドゥーでのクライマックスがやってきます。

 

 

「花壇からは、花々のうっとりとする芳香が漂ってくるとともに、婚礼についてのバラたちの果てしないおしゃべりや、スミレたちの甘美な逸楽を唆らせる声が、きこえてくる。ヘリオトロープたちときたら、これまでにない官能たっぷりの艶かしさをふりまいているのであった。果樹園からは、熟れた果実の芳醇な香りが風に運ばれてくる。ヴァニラにも似たアンズの香り、麝香のようなオレンジの香りなど、まさに豊かな成熟と多産の匂いそのものである。」(5)

 

 

 

 

 

【パラドゥーのモデル】
さすが文豪の書く香りの描写はイマジネーションに富んでいて素晴らしいです。ところでゾラはこの様な世界観をどのようにして描いたのでしょうか?それは幼少年時代に過ごしたエクス=アン=プロヴァンスの郊外がモデルとなっているようです。きっと取材にこの土地を訪れた際に嗅いだ香りは、幼少の頃の記憶を呼び覚まし、創作にインスピレーションを与えたであろうことは想像に難くありません。

パフューマーも幼いころからグラースの自然や香りに触れて育ったという方も沢山いるようですから、幼いころの体験はやはり重要なのですね。

余談ですがエクスは画家セザンヌが創作活動を行っていた地でもあります。ゾラとセザンヌは中学時代エクスで出会いその後親友となりました。しかし諸説ありますが、ルーゴン・マッカール叢書の第14巻「制作」がセザンヌをモデルとした作品であるであることから絶縁してしまいます。それもそのはず、モデルとなった主人公クロード・ランチエは才能がありながら評価されず、代々受け継いだ精神疾患も手伝い、悲劇の最期を迎えるという設定だからです。
クロードは前述の「居酒屋」や他の作品にもちょこちょこ顔を出して結構普通の人物のように描かれているので、「制作」のラストは「クロードまでも闇に引き込まれてしまったか」といった感じです。


そして話は戻り「ムーレ神父のあやまち」第3部のラストに向かうクライマックスシーンでも強烈な香り描写が出てきます。パラドゥーでの出来事を上回る様な荘厳な演出が待っています。ゾラの表現はとてもドリーミーでロマンティック、そして残酷です。ご興味のある方は是非ご覧ください。


今回は「香りと文学」というテーマで書いてみました。冒頭で「香りは文字から嗅ぎ取る事は出来ませんが、」と書いていますが、文字・文章で表現や伝達する事は可能です。逆に現時点ではまだ、PCから匂いが出てくるなどの技術は一般的に普及していないので、文章でしか伝える事は出来ません。

ということで、次回は香りを伝える手段。「香りの語彙・表現」について書こうと思います。

 

参考文献
Zola Emile著, 清水 正和・倉智 恒夫共訳『〈ゾラ・セレクション〉第3巻 ムーレ神父のあやまち』 藤原書店, (2003)
Zola Emile著, 清水 正和訳『制作(下巻)』 岩波書店, (1999)
Zola Emile著, 伊藤 桂子訳『ルーゴン家の誕生「ルーゴン・マッカール叢書」第1巻』 論創社, (2003) 巻末に家系樹有り
Zola Emile著, 石井 啓子訳『〈ゾラ・セレクション〉第4巻 愛の一ページ』 藤原書店, (2003) 巻末に家系樹有り

引用文献
(1)Zola Emile著, 清水 正和・倉智 恒夫共訳『〈ゾラ・セレクション〉第3巻 ムーレ神父のあやまち』 藤原書店, (2003) p.198
(2)同上p.208
(3)同上p.259
(4)同上p.269
(5)同上p.293

第七話 香りの語彙と表現

香りをどのように表現し伝えるか?

 

【香りを伝えるには?】

今回は香りの語彙(ごい)と表現についてです。香りは実際その物を嗅ぐ以外に体験できないので、目の前に無い香りを相手に伝える場合は、言葉にして伝えなければなりません。しかも香りは目に見えるものではないので、ある香りを的確に表現し相手に伝えるのは、なかなか難しい問題です。

口コミサイトでは化粧品や香水の香りに関する書き込みもよくみられます。今回のエッセーを読む事で香りを表現する参考になればと思います。

 

【まずは、もう一歩踏み込んだ表現をしてみる】

例えば、ある人が「甘い香りが好き」と言ったとします。それを聞いた人はどんな香りを想像するでしょうか?「甘いと言ったらお菓子の様な香りかな?」、「花の香りじゃないかな?」、「ピーチみたいな香りでしょう。」とバラバラな答えが返ってくると思われます。

そこで「花の甘い香りが好き」と言えば「フローラル系の香りが好みなのかな」と少しイメージしやすくなります。
「ローズの甘い香りが好き」と言えばさらに理解は深まります。「甘いと言ってもジャスミンやチュベローズのように濃厚な甘さを持つ香りではないのだな」と。

香りの仕事ではもう一歩踏み込んで、ローズでも「ハニー様の甘さを持つローズ」とか、「みずみずしくフレッシュな甘さを持つローズ」などと伝える事で、さらにイメージに近くなるように伝えます。

 

甘い香りでも、花の香りではない場合、チョコレートやキャンディー様のお菓子系の香りには「グルマン」や「スウィート」という言葉があります。

同じ甘くて食べられる香りでも、フルーツの香りの場合は「フルーティ」を使います。香水でよく使われるフルーティノートはピーチ、アップル、メロン、マンゴー、パッションフルーツなどがあります。その中でオレンジやグレープフルーツなども一見フルーティに分類されそうですが、レモンやライム、ベルガモットを含む柑橘系の香りは「シトラス」を使い、「フルーティ」とは別分類になります。

 

【花の香り フローラルノートを表現する際の難しさ】

通常花の香りはローズだけ、ジャスミンだけの様に単一で用いられる事は少なく、数種の花の香りが組み合わされています。これを特徴とした香調がフローラルブーケです。香りが組み合わされると単一の花の香り(シングルフローラル)より香りを特定するのが難しくなります。

香りの中からどの花の香りが特徴的に出ているかを感じ取ります。ローズ、ジャスミン、ミュゲ、ガーデニア、チュベローズ、オレンジフラワー、ヴァイオレット、ヒアシンス、カーネーション、ナルシサス、マグノリアなどの中から、「ローズとヴァイオレットを感じるなぁ」とか、「ローズ系ではなく、ジャスミンやガーデニアなどホワイトフローラル系かな?」の様に探っていきます。それぞれの花の香りの特徴が分かる様シングルフローラルの香りを覚えておくことが重要です。

 

【香りの世界で使われる独特な表現】
香りの世界では普段使われる事が無い独特な表現が用いられる事があります。これらの表現は話の受け手もある程度理解していないときちんと伝わりません。ここではいくつかの表現をご紹介します。

まず香りを表現する上で「グリーン」という言葉は良く使われます。グリーンとは青臭い様な香りでフレッシュと近い関係にあると思います。

 

例えば草を摘んだ時手に残ったちょっと苦い香り、果物の皮やヘタの青い感じや未熟な感じなどを「グリーン」と表現します。
しかし、ちょっと青臭いからといってなんでもかんでもグリーンと表現してしまっては面白くありません。「ハーバル」といった言葉も使ってみたいですね。ラベンダーやローズマリー、サイプレス、ジュニパーベリーなどハーブの香りがしたときは、ハーバルを使ってみましょう。

 

ハーバルと近い分類で「アロマティック」という表現もありこちらは、バジル、アニス、フェンネル、タイムなどの香りを表現する言葉です。

香水でグリーンに分類される有名な物はCHANEL社のN°19が思いつきます。ガルバナムの強いグリーンノートからオリスとローズのパウダリーなフローラル感が印象的です。
また、GUCCI社のENVYもグリーンノートが有効に使われておりヒアシンスのグリーン感(ヒアシンスはフローラルの中でもグリーンな特徴がある調合香料です。)とジャスミンの甘さが絶妙なバランスで輝きを放ちます。

次に比較的わかりやすい表現として「パウダリー」があります。パウダリーはミドル~ラストにかけて感じる、独特の粉っぽい香りです。香調説明にバニラ、トンカビーンズ、ヘリオトロープと書いてある場合はパウダリーな可能性があります。

 

個人的にはラストノートにムスクばかりが残るより、パウダリーな残香の方がセクシーで心惹かれる物があります。日本人の嗜好としてもパウダリーな香りは受けが良いそうです。Calvin Klein社のEternityやChloe社のEau de parfumなどが有名です。

「バルサミック」という表現もありますね。バルサミックは複雑な香りで、甘さ、ねちっこさ、ブランデー様の乾いたフルーティさなどを含んでいると思います。バニラアブソリュートはバルサミックですがスウィートでもありパウダリーなイメージもあります。

「アンバー」も微妙な表現で、オリエンタルノートを支えるどっしりとした琥珀色のイメージを持つアンバーもあれば、天然のアンバーグリスの透明感ある保留効果のある部分を表現したり、バルサミックな部分を表現したりする事もあります。

「アルデハイディック」はCHANEL社のN°5に代表される様な、トップノートに出るムワッとした香りです。ファッティともいわれる独特の脂肪酸臭で、このアルデハイドだけでは良い香りはしません。(種類によっては、みかんの白い部分みたいな匂いがする。)これが入ると曖昧な雰囲気を醸し出します。

これらの様な香りの表現は「香りの表現集」のページにまとめております。

【香りをどの様に表現するか】
香りの表現は「しっとりした甘さ」(触覚&味覚)、「静かに消えゆく様に香るラストノート」(聴覚)、「全体的にピンクっぽい柔らかい香り」(視覚&触覚)、「酸味のある香り」(味覚)など五感を使用した表現が可能です。

 

「しっとりした甘さ」と表現する事でうるおいを含んだ甘さである事が想像できます。「ピンク」を使えば「レッド」より淡い香り、マイルドな印象を伝えられます。

 

五感を使った表現は上記に述べた香りの世界の独特より様々な人と共有しやすい表現ですね。

 

また、身近な物に例えた表現も共有しやすいです。「森林、バナナ、仏壇、洗剤、ガソリン、鉄…」などなど。

 

そして、香水はトップ、ミドル、ベースによって香りが変化する為、トップはシトラスのフレッシュな香りでも、時間が経つとフレッシュさは無くなりパウダリーなラストが残る事があります。香りの特徴を書く際に、トップ・ミドル・ベースのどこが特徴的なのか加えるとわかりやすくなるのではないでしょうか?

【香りの特徴をつかんで表現する】
香りをぱっと嗅いだ時の第一印象「フローラルな甘さ?」、「グリーン?」、「もやもやしたフローラル?」、「グルマンなスウィート?」を捉えて、あとは分析的に「トップはシトラスかな?アルデハイディックかな?グリーンかな?」、さらに進んで「花の香りはローズかな?ジャスミンかな?それともオレンジフラワーかな?」、ラストは「ムスクがストレートに出ているかな?それともパウダリーさを感じるかな?オリエンタルなアンバー調かな?」などと特徴をまとめていきます。

 

しかし、香りの特徴的に感じる部分は必ずしも他の人と同じとは限りません。人生で積み重ねた香り体験は人それぞれ異なる為、特徴的に捉える部分が異なるからです。

私たちのウェブサイトでは「かおりのカレンダー」として、街中で比較的見つけやすい香りの花々を月ごとに紹介しております。

色々な香りに対して興味を持って意識して嗅ぎ、自身の香り体験を増やす事で香りの感性をより高め、自分の部屋や家、さらには地域へと良い香り環境を拡げていけたら素晴らしいですね。

4 / 41234