• ホーム
  • ステラ・ラボラトリーと香り
  • 香りの植物図鑑
  • 香りの教室
  • 香りのブログ
  • お問い合わせ

香りのエッセイ

第一話 香水の魅力

 人々の間で連鎖する香水の魅力

 

古代より人々は香りに魅了され、それを身につけ使用しています。その魅力とは一体どこにあるのでしょうか?

 

香水を使う一番の目的は、程度の差こそあれ自身の魅力を高める事だと思います。良い香りがすれば、人はその場に留まりたい、もしくはより近づきたくなる本能があるのではないでしょうか。

 

その一方で香水は人生において必ずしも必要なものではなく、人によっては生涯つけることない方もいらっしゃるでしょう。しかしシャンプーやボディミルク、洗剤などあらゆるものに香りがつけられており、あえて香水をつけなくても私たちはほのかな香りに包まれています。とはいえ、香水をつける事はシャンプーやボディミルクとは一味違う香り体験です。

 

例えば人生で初めて香水をつけるのはとてもドキドキする経験です。どんな香りになるのか?どれくらい周囲に香っているのか?周りが気付くかどうか?はたして自分のキャラクターと合っているのか?シャンプーやボディミルクを変えたからといってそこまで考える事は無いでしょう。これらの製品は主に自分向けの香りですが、香水は周囲にアピールするもので、香水をつける事で多かれ少なかれメッセージを発信しています。

 

いずれ香水をつける事はジャケットを羽織るのと大して変わらない朝の身支度の一つとなりますが、何年も香水を使い続けていても新しい香水をつける時はちょっとした緊張感が伴います。また、いくつかのお気に入りの香水を気分や季節、シーンに合わせて変える事もちょっとした日々の彩りといった様子で楽しいものです。

 

 

自身の魅力を高める以外の目的として贅沢な一時を得るという事もあります。天然香料のバラやジャスミン、オレンジフラワーなどの素晴らしい花々や、普段聞きなれないエキゾチックな響きを持つ木々やスパイスから抽出されたエッセンスは植物の生命そのものです。

 

一方合成香料は天然香料では表現できない香りを補い、より咲いている花に近い香りを再現したり、新たな香調を創作したりする為に作られる化学者の情熱の結晶です。

 

その様にして生み出された香料を、才能があり訓練された調香師(パフューマー)が絶妙な調和(アコード)で調香し香りは創られます。製造された香水は視覚的にも魅力的にデザインされた独創的なボトルに封入されます。さらにイマジネーションを掻き立てる香調説明やストーリーが語られ世界観を構成します。この様に創作された香水を直接身につけ香らせるというのは、とてもロマンティックで優雅な体験です。

 

これだけ香水が市場に溢れていると忘れてしまいがちですが、確かな香水はブルガリアのバラの谷で採られたオイルが入っていたり、マダガスカルで採られたバニラが入っていたり、世界の様々な場所で採られた花や木々、スパイスなどが一本の香水に凝縮されています。私たちは香水をひと吹きしそれらの香りを身につけるのです。

もうひとつの香水の大きな魅力は人々の記憶に残るという事です。私の記憶に残っている一番古い香水の記憶がGuerlainのMITSOUKOです。小学校低学年くらいの記憶でしょうか?印象的な和風の香りがあり、もちろん当時はそれをMITSOUKOであることはおろか、香水の香りである事すらわかりませんでしたが、十数年経ちMITSOUKOの香りを嗅いだ時「あの時嗅いだ香りだ」とすぐにわかりました。

 

また、LANCOMEのTRESORという香水も中学生位の時に良く嗅いだ香りで、苔むした木から滴る甘い香りの香水と認識していましたが、数年後香料の勉強をするようになり、Ionone(スミレ様の香り。数種ありそれぞれ香りが異なる)という香料を嗅いだ時に、あの香りと共通する香りだと直感しました。TRESORに使われているらしい香料であるとわかったのはもう少し後の事ですが、TRESORにもMITSOUKOにもMethyl ionone系の香料が効果的に使用されているようです。

 

たまに街中で「この香りどこかで嗅いだな」と思う事があります。以前知り合いの誰かがつけていた香りなのでしょうが誰が付けていたのか、どこで嗅いだのか思い出せません。香水と認識できるほどの量をつけてらっしゃらなかったのでしょう。しかし、その残り香は無意識の領域に置かれた香りの記憶に触れ、確かにその存在を証明するのです。

誰かが自身の魅力を高めるために香水をつける。その香水の香りが知らず知らずのうちに別の誰かの心をつかみその人の記憶に残る。

 

いつの日かその人が香水をつけた時、また別の人の記憶に残る。その様な連鎖が起こりうるのが香水の大きな魅力ではないでしょうか。そして、その記憶に思いを馳せる事は、忙しい日々に淡いゆとりをもたらす貴重な一時なのではないでしょうか?

第二話 香料について

 香水の原料ってどんなもの?

 

香水は何から出来ているのでしょうか?表示上ではエタノール、水、香料、色素、紫外線吸収剤などが主な配合成分です。この中の香料が香水の香りの元です。海外表記はPARFUME、FRAGRANCEなどと書かれています。

 

ここに書かれている香料はほとんどが調合香料といわれ、パフューマーによって調香された香りを処方通りに工場で量産したものです。

 

この調合香料は天然香料と合成香料そして調合ベースから構成されます。天然香料は自然界の動植物から抽出された香料で、合成香料は化学反応で合成されたもの。また、天然香料から一部の成分を分留したり、化学反応で取り出したりした単離香料も日本では合成香料に含まれます。調合ベースは天然香料を再現するために調合された香料や、パフューマーの想像力で作られたファンシーベースがあります。これらを組み合わせて香水の香りの元となる調合香料は創られます。

香りは何者かというと実は分子の集まりです。基本的に水素、炭素、酸素の組み合わせでできています。窒素や硫黄を含んでいる物もあります。分子が揮発して鼻の粘膜に届く事により香りと感知します。

 

lavenderpicture天然香料は芳香物質が複雑に組み合わさって構成されています。ラベンダーを例にとると天然香料のラベンダーオイルは単一のラベンダーという香料で存在しますが、その構成物は、Linalool(C10 H18 O)、Linalyl acetate(C12 H20 O2)、Camphor(C10 H16 O)などなど複数の芳香物質がいっしょになってラベンダーという香りを構成しています。天然香料をムエット(匂い紙)につけると時間の経過によって香りが変わるのは、沸点の異なる複数の芳香物質から構成されているからで、沸点の低い分子が先に揮発し鼻に届き、沸点の高い分子はムエットから分子が飛び立つのに時間がかかり、香りが変化しているように感じます。

 

そして、一つ一つの芳香物質は化学的に合成されており、これらを合成香料と呼びます。しかし自然の創造物は偉大で、まだ全ての物質を解明できてはいませんが、主要な成分を組み合わせる事で天然香料に近い香りを再現する事が出来ます。この再現したのが調合ベースと呼ばれるものです。

 

また、合成香料には自然界に存在しない新しく合成されたニューケミカルと呼ばれるものもあります。このニューケミカルを使いこなす事によって、市場に新しいタイプの香りが出回るようになります。名香と呼ばれる物にはこのニューケミカルを上手に使いこなした物が多くあります。

香料の役割は香水だけでなく、化粧品の基材臭のマスキングという役割があります。化粧品は大雑把に水と油と界面活性剤から出来ており、油や界面活性剤には素材そのものに臭いがあったりします。香料を添加せずそのまま製剤化すると、わずかに油臭かったり、刺激臭があったりする事があります。それら不快な臭いを覆い隠してしまうのがマスキングです。

 

日本では一時期、旧表示指定成分を敬遠した無香料ブームがあり、無香料が素晴らしいと思われていた時代がありました。まだ無香料の売り文句で販売されている商品もあります。基材臭といっても耐えられない臭いではないので受け入れられたのでしょう。それに変な香りがついているより基材臭の方が我慢できるのも事実です。

 

私自身学生時代に購入したスタイリング剤が妙に男臭くて、正直この香りをつけて出歩きたくないなと思いました。男性用だからとアメリカンマッチョな香りをつけられても、日本人でアメリカンな香りが似合う人はかなり限られる気がします。しかし無香料の化粧品も油臭さが気になるとストレスに感じます。主張しない香りでマスキングされている化粧品は素晴らしいです。

 

最近は随分と香りのヴァリエーションが増えてきました。同じメーカーのアイテムでも若干の機能違いと香り違いでリリースされています。そして店頭にはテスターが付いて購入前に気軽に香りが確かめられる様になっています。

 

そして肝心の安全性ですが、現在香料については毎年のように更新されるかなり厳しい安全性基準が作られており、その制限の中で香りが作られています。

ところで、香料は香水や化粧品だけに使用されているのではなく、食品分野でも使用されていて日本ではむしろ食品の方が多く使用されています。日本の加工食品の味の良さは香料に支えられていると言っても過言ではありません。食品香料はフレーバーと言い、フレーバーの調香師はフレーバリストと呼ばれ香粧品のパフューマーとは区別されます。

 

香粧品と食品の香料は双方に良く使用される物もあれば、香粧品に使用できて食品には使用できない物、またその逆もあります。香粧品でもフルーツの香りに多くの需要がありますが、同じフルーツの香りでも香粧品と食品では処方が異なります。

次回のエッセーは天然香料についてです。

第三話 天然香料について

 天然香料ってどんなもの?

 

香水を作る上で最も重要な素材が香料です。その中でも自然界の動植物から採られた香料を天然香料と呼びます。大昔の香水は天然香料のみで作られていましたが、化学が発達し合成香料が発明されると、徐々に柑橘系以外の天然香料の割合は減っていき、一部のメーカーを除くほとんどが合成香料メインの香水となっています。

 

一方最近ではアロマのエッセンシャルオイル(精油)として、市場に出回っており誰でも気軽に購入する事が出来ます。

 

抽出方法は一般的に水蒸気蒸留法、圧搾法、溶剤抽出法があります。圧搾法は主に熱に弱い柑橘(シトラス)系の精油を採る方法で、機械で果皮と果実に分けて果皮に傷をつけ出てきた精油を採取します。

 

水蒸気蒸留法は釜に香料原料となる植物を入れ蒸気圧で精油を抽出する方法です。熱がかかる為柑橘系の様に沸点の低い香気成分を多く含むものや、繊細な香りを持つ花にはあまり向きません。精油の他に得られる蒸留水にも微量の芳香物質が溶け込んでおり、フローラルウォーターやハイドロゾルと呼ばれ利用されています。

 

繊細な花には溶剤抽出法という、香りを溶剤に移して抽出する方法があります。この方法で抽出された香料はアブソリュートと呼ばれ、水蒸気蒸留で得られた精油より植物そのものに比較的近い香りが特徴です。

 

その他新しい抽出法として超臨界二酸化炭素抽出法があります。超臨界流体という気体と液体の性質を持つ状態にした二酸化炭素を用い香気成分を抽出します。低温で扱う事が出来る為、トップノートを損なわず植物に近い香りを得る事が出来ますが、得られる香料は高価なものとなります。

 

また現在は非常に手間がかかる為減少していますが、吸着・吸収法という獣脂に花の香りを移して抽出する方法があります。ジャスミン、チュベローズなど花を摘み取った後でも数日間香りを作り続ける花に対しては冷浸法(アンフルラージュ)。一方でローズ、ヴァイオレット、オレンジフラワーなど摘み取りと同時に香りを作らなくなる花に対しては温浸法(マセレーション)が用いられています。

 

これらの香料原料となる植物は世界各地で栽培または自生しています。フランスのラベンダー、ブルガリアのローズ、アメリカのミント類、インドのサンダルウッド、イタリアのレモンなどが比較的有名です。日本でもユズやヒノキなどの精油が作られています。

 

昔は香料といえばグラースが有名でしたが花精油は徐々に人件費の安いアフリカに移って行きました。その他、ミルラ(没薬)、オリバナム(乳香)といった聖書に出てくる香料や化粧品・食品ともに重要なバニラ、アロマでよく使われるイランイランなどもアフリカ産です。東南アジアもスパイス(クローブ、ブラックペッパーなど)やウッディ(パチョリ、ベチバーなど)系の香料の重要な産地です。

これら一つ一つの天然香料には数えきれないほどの芳香成分が含まれておりいまだに全てを解明し合成香料で完璧に再現するには至りません。天然香料が一つの完成された調合香料といえるほどです。合成香料10品で作り上げた香料は10種の芳香成分の香りしか有りませんが、合成香料9品と天然香料1品にするだけでも数十、ごく微量成分を含めると数百の芳香成分からなる複雑な香りになるのです。これは香水に奥行きや複雑さを与えます。

 

このように魅力的な天然香料ですが現在は非常に厳しい状況にあります。天候不順による不作、自然災害、紛争、乱獲による動植物の減少、人件費の高騰、他の作物への切り替え、投機マネーの流入など、生産地の影響がダイレクトに影響し安定供給に対する問題が山積しています。

 

特にサンダルウッドやローズウッドなどの木から採られる精油が乱獲や森林伐採の影響を大きく受けています。木は草花と違い成長に時間がかかるので植林のペースが間に合わないのです。

 

また安全性に対する規制などで使用に制限がかかる香料もあります。シプレーノートを作るのに重要なオークモスという香料は厳しい配合制限で徐々に配合量が減っています。

 

そして低価格で優れた芳香を持つ合成香料による調合ベースに置きかえられていく香料もあります。ヴァイオレットフラワーやヒアシンスなどです。

 

しかし、種類が少なくなるばかりではありません。新しく抽出を試みられた植物などにより、樫の木やウコンなど魅力的な天然香料が作られています。さらに分留という技術で天然精油の持つ特定の成分を抽出した香料もあります。天然香料の濃い色を脱色し見た目にも使用しやすくしたグレードもあります。

現在、動物性香料のムスク、シベット、カストリウム、アンバーグリスなどはほとんど生産されておらず合成の調合香料に代替されています。シベットはまだ使われている商品もあるかもしれませんが。そのシベットチンキはかなり強烈な動物臭で香料素材として評価する気になれない程でした。天然ムスクチンキは合成ムスクの甘くマイルドな香りとは異なり、やや酸っぱくパウダリーな香りでシベットよりは嗅ぎやすい香りです。どちらも希釈すると良い香りになるそうですが…。アンバーグリスは合成のアンブロキサンのように透明感のある香りではありませんが、濃厚なバルサミックさを持ちオリエンタル系に合いそうな香りでした。

 

いずれの動物性香料もそれに含まれる特徴的な香気成分が合成されてきています。不安定で不純物も多く倫理的にも問題が取り沙汰される動物性香料をあえて使用する必要性はほとんどないのかもしれません。

さて、長々と述べてまいりましたが、天然香料はまぎれもなく自然から得られた貴重な香料です。ローズオットー(水蒸気蒸留により得られるバラ精油)1kgを得るにはバラの花弁4tなどと良く言われていますが、その他の植物も世界各国の人々が栽培、収穫をしたものが抽出され、香水として調香され、私たちの手元にやってきます。

 

最近はアロマの精油がいたるところで販売され、天然香料の貴重さの感覚がかなり薄れてきた気がします。もちろん最終製品である香水もかなりディスカウントして販売されています。

 

植物が作り出した限りある資源、精油一滴、香水ひと吹きする時に、その貴重さを思い出しながら使っていく心持を大切にしていきたいものです。

第四話 合成香料について

 合成香料ってどんなもの

 

前回の天然香料に引き続き今回は合成香料(アロマケミカル)についてです。少々遠回りになりますが、合成香料については天然香料の事を化学の角度から述べてからの説明となります。

 

ダマスクローズの香りを化学的に見ていくとCitronellol, Geraniol, Phenyl ethyl alcohol, Eugenol, Geranyl acetate, Nonanal,などの多種の芳香分子から構成され、これらの芳香分子はそれぞれ異なる特徴的な香りを持っています。産地や抽出された年度によって香りが異なるのは、これら芳香分子の構成比率が異なるからです。

 

現代では化学の発達によりそれぞれの芳香分子を合成することができるようになりました。それが合成香料です。また、単離香料と呼ばれる天然物から単離された芳香分子も物理的・化学的処理をされている為に日本では合成香料に分類されています。

 

合成香料の歴史は19世紀前半から化学者による合成が徐々に行われ、19世紀後半にはCoumarin(桜の葉の様な甘い香りでフゼアノートを作るのに重要)やVanillin(チョコレート様の甘い香りでオリエンタルノートを作るのに重要)やHeliotropin(パウダリーな香りでフローラルノートに使用)などフレグランスの調香に重要な香料が工業生産され始めました。

 

19世紀末(1889年)には天然香料と合成香料を巧みに使用し現代香水の祖となったJicky(Guerlain社)が発売されています。Jicky以前の香水はオーデコロンやバラやスミレの爽やかな香り、バニラ・シナモン・クローブ・麝香などを混ぜた濃厚な香りなどがあったようです。

 

20世紀は香水にとって大きな転換期で、今まで高価で上流階級の為であった物が、フランソワ・コティの販売手法によって一般人の手の届く物になりました。コティの香水には大量生産され始めた合成香料がふんだんに使用され、ボトルもラリック製作の高級品からシンプルなガラスのスタンダード品まで販売され価格帯に幅があったようです。

 

また、安価で供給が安定している合成香料によってトイレタリー製品にも香料が使用できるようになり、香りが特権階級だけでなく一般層にまで広がるようになりました。

 

さらに20世紀後半には分析技術の発達により天然物中の微量成分の特定が可能となり、より天然物に近い香りを作れるようになってきています。また、ニューケミカルと呼ばれる、自然界に存在しない新しい香料素材も合成されるようになり、ニューケミカルを特徴的に使用した新しい香水がヒットし始めました。

 

Methyl dihydrojasmonate(開発メーカーFirmenich社の登録商標であるHedioneの名で有名)を用いたEau Sauvage(Christian Dior社)やDihydro myrcenol(鼻に抜けるミントとは違う爽やかな香り)を用いたCool Water(Davidoff社)やMethylbenzodioxepinone(Firmenich社の登録商標であるCaloneの名で有名)を用いたL’eau d’Issey(Issey Miyake社)など、他にもたくさんあり挙げだしたらキリがありません。

 

しかし21世紀に入り新規化学物質の安全性調査が厳しくなり、近年新素材の開発は少なくなってきているそうです。

 

合成香料の重要性は天然香料の代替ということだけでなく、香りに対する人間の想像力(イマジネーション)と創造力(クリエーション)の挑戦と言えるでしょう。

 

例えば天然香料のみの調香だと香りにニュアンスをつけるのが困難です。ローズひとつ取っても、グリーン(青臭い)なローズ、みずみずしいローズ、オレンジのような甘さを持つローズ、フルーティなローズ、ヴァイオレット様のローズなど様々な種類のローズがそれぞれの香りを持っています。必要な合成香料を用いることでこれらのニュアンスを自由自在に表現することができます。

 

さらに、天然香料では存在しない花々の香りを作ることも可能です。ローズやジャスミンとともにフレグランスの調香で重要な香りと言われるミューゲ(すずらん)の香りは天然香料では存在せず、合成香料を使用した調香師のイマジネーションで作られています。それと同様に多くの花の香りが調香によって作り出されており、その数は花精油を軽く上回ります。

 

その傾向は天然香料がほとんど存在しないフルーツの香りで特に顕著でアップル、ピーチ、ペアー、ラズベリー、マンゴー、メロンなど多くのフルーティな香りもクリエーションによるものです。

 

天然香料でもフラクション(分留)で得られた単離香料を使用して、ニュアンスをつけたり、フルーティな香りを作ったり出来るようになってきていますが、まだまだ合成香料で作られたものが主流です。

 

さらに合成香料で重要なものはムスクとアンバーです。天然香料の項でお話しした通り、動物性香料が現在ほとんど使用されていません。しかしムスクやアンバーの香りは保留性や肌馴染みの点で重要で、これらを使用しないとラストノートに残る柔らかい香りが表現しにくくなります。今では様々な合成ムスクが開発され香水だけでなく洗濯洗剤や石けん、ヘアケア、ボディケアなどのトイレタリー・ハウスホールド分野でも使用されています。

合成香料の発展はトイレタリー・ハウスホールド製品の香り向上にも役立っています。もし合成香料がなければ私たちはいまだに脂肪酸くさい石けんや、刺激臭のするコンディショナーなどを使用していたかもしれません。化粧品類の基材臭(原料の持つ香り)は意外と臭いもので、マスキング(基材の臭いを良い香りでカバーすること)が重要となっています。

そして安全性でとやかく言われる合成香料ですが、現在は天然香料も同様に国際的な機関によってかなり厳しい安全性の調査が行われています。

 

現在は「残留性(自然界で分解されにくい)が高い」、「生体蓄積性が高い」、「発がん性が高い」、「その他有毒性が高い」香料については使用が禁止されています。光毒性や感作性のある香料は商品の種類毎にカテゴリー分けられ使用量が制限されています。昔から販売されている名香と呼ばれる香水も規制に合わせて処方のリニューアルを行っているようです

 

天然香料も複数の芳香分子から構成されている為、その中に有害な成分が入っている事がありますので、天然=安全、合成=有害という安易な考え方は正しくありません。有名な例でベルガモットは光毒性のあるベルガプテンを含んでいる為、そのままでは使用できず、ベルガプテンをカットしたグレードがフレグランスには用いられます。

化学と分析技術の発達で調香師は天然香料から得られる以上の表現を可能としてきました。私たちの手元にはバラの香りはより咲いているバラに近い香りで届けられ、天然香料にないフルーツの香りも日常的に楽しむ事が出来るようになっています。

 

香水、調合香料にとって天然香料は深みとリアリティを与え、合成香料は香りの拡散性や表現の幅を与える双方重要な要素です。私たちは自然の恵みも大切にしながら、人間の自然に対する尊敬、好奇心、研究そして努力を心に留めて化学品を受け入れていく事も必要なのではないでしょうか?


参考文献

シャザル・マルティーヌ監 『きらめく装いの美 香水瓶の世界』 ロータスプラン, (2010)

中島基貴著 『香料と調香の基礎知識』 産業図書,  (1995)
浪江秋生編 『香料入門』 香料産業新聞社,  (1995)

第五話 バラの香り

 香りの世界におけるバラ

 

花と香りという二つの言葉から連想するもので、最初に思い浮かぶものはバラ(ローズ)という方は結構いらっしゃると思います。皆さんの中でバラとはどのようなイメージでしょうか?


赤くて棘があって強いイメージ。またはピンクで可憐、甘くて優しい香りのイメージ。私は香りの世界に入ってバラに対するイメージが大きく変わりました。昔は赤くて、棘があって、強い個性、ちょっと毒々しい、どちらかというと悪のイメージでした。しかし香りの世界に入ってから、バラというよりローズは、ピンク色で、柔らかい甘さ、ジャスミンの濃厚な香りと比べると、優しくてふんわりした香りで、とても女性らしい香りというようなイメージに変わりました。

 

 

 

香料の世界で重要なバラはブルガリアやトルコで栽培されているダマスクローズ”Rosa damascena”とフランスやモロッコで栽培されているセンチフォリアローズ”Rosa centifolila”です。どちらもピンク色でくしゃくしゃした形をしています。

 

これらのバラはオールドローズと呼ばれる原種で、私たちが普段フラワーショップや近所で見かける品種改良を重ねて作られたモダンローズと異なります。

 

モダンローズは赤、ピンク、黄色など様々な色があり、尖った花弁で気品ある姿が印象的な剣弁高芯咲きと呼ばれるバラもモダンローズです。以前は剣弁タイプの人気がありましたが、最近は丸みを帯びたカップ咲きという咲き方が流行っているようです。

 

モダンローズは四季咲きで真冬を除いて一年中咲いていますが、ダマセナやセンチフォリアは5月から6月にしか咲かないので、バラの精油は一年にこの時期しか採ることができません。ちなみにセンチフォリアの別名ローズドメ(ROSE DE MAI )は5月のバラの意味です。

香りもバラ園やフラワーショップに置かれているモダンローズとダマセナ、センチフォリアは異なります。

ここ最近100種類以上のバラの香りを嗅いできましたが、モダンローズの香りは非常にヴァラエティに富んでいて、オレンジ様の甘い香りがする種や、ラ・フランスやバナナ様のフルーティな香りを持つ種、少し苦味があるグリーンな香りを持つ種、ヴァイオレットやラズベリー様の香りを持つ種、海藻様の深みのある香りを持つ種、山椒様のスパイシーな香りがする種など様々です。

 

一方でダマセナやセンチフォリアの花にはオレンジやヴァイオレットの様な甘さはありません。瑞々しいフレッシュな甘さがメインに香ってきます。

 

街でよく見かけるモダンローズと香料原料となるバラは香りが異なる為、当然天然香料として得られたローズ香料はモダンローズの香りとは異なります。しかしローズ香料がダマセナとセンチフォリアの咲いている花と同じ香りかというとそうでもありません。

 

もうひとつ香りが変わってくる大きな要因はとして抽出方法があります。水蒸気蒸留で得られるバラ精油、ローズオットーは熱による変性が起きる為、咲いている花とは大分異なる香りになります。熱のかからない溶剤抽出で得られるアブソリュートも濃縮されている為、咲いている花とは違いますが、ローズオットーよりは花に近い香りがします。

 

さらに花から直接香る香りは芳香物質に水分子がくっ付いていることにより、オイルの状態で嗅ぐより瑞々しく香るそうです。そういえばローズウォーターをスプレーで噴くとローズ香料より咲いている花のような瑞々しく心地よい香りがします。

 

なぜ香料として栽培されるバラの種類がほぼダマセナとセンチフォリアの二種になっているのかは調べてみましたがよくわかりません。香りが強いといわれていますが、モダンローズにも香りが強いものもありますし。香気成分としてバラらしい成分がより多く含まれている種なのかもしれません。



咲いているバラの香りと天然香料のローズの香りが異なるのは上記のような理由からです。では、香り製品として販売されているバラの香りは何なのでしょうか?

まず、高価なローズオットーやアブソリュートをエタノールで希釈してバラ香水を作ろうと思っても、市販されているバラの香り製品のような香りにはならないと思います。

 

これは、ローズ香料のクオリティの違いではなく、バラ香水やローズの香りとして販売されている商品のほとんどが、調香師のイマジネーションで調香された香りだからです。



バラの天然香料はいずれの抽出方法にしても非常に高価で、一般的にはあまり使用されません。しかもダマスクローズのオットー(ダマスクローズオイル)の香りは繊細で弱々しく、同じ花精油で有名なジャスミンなどと比較して強く香りません。

 

ダマセナやセンチフォリアのアブソリュートはオットーよりはローズらしい香りが強く感じられますが、やはり単体での使用では香りが立たず、どちらかというと合成香料メインの調合香料のまとめ役と使用されます。

 

この様な背景から基本的に市場に出ているローズ系の香りは合成香料で作られた調合香料なので、これを天然ローズ香料で再現しようとしても不可能です。

 

では、バラの調合香料とは何かというと、天然のバラの香りを化学的に分析して、合成香料で再構築して安価で安定的に供給する為の物です。天然香料のバラを模した物もあれば、ファンシータイプと呼ばれる調香師のイマジネーションで作られた物もあります。

 

さらにこれらの調合ベースと各種合成香料(他のフローラル要素やムスク、アンバーなど)を使い、香りのボリューム感をアップさせたり、保留性を持たせたりして、それぞれの調香師が独自に香りを作り上げていきます。調香によってモダンローズ様の香りにする事も可能です。



バラ製品の香りの違いは基本的にバラ精油の種類やクオリティの違いによってではなく、調香の方向性で色々なローズの香りに仕上がっているのです。

分析技術の発達により、バラに含まれる微量ながら香りのキーとなる成分が発展され調合香料のローズも発展してきました。

もっとバラから容易に香料が抽出でき、その上香りも咲いている状態と同じであったら、その香りに満足して、今ほど調香技術は発展しなかったかも知れません。


参考文献
渡辺 修治・大久保 直美共著 『香りの選書⑫ 花の香りの秘密-遺伝子情報から機能性まで-』 フレグランスジャーナル社(2009)

3 / 41234